ポータブルコーヒーメーカーCafflanoから、8段階に調節できる持ち運び豆挽きが登場 Krinder(クラインダー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
このカフラーノ・クラインダーは、片手サイズでコーヒーの飲み方に合わせて豆がひけるグラインダーです。
開発元は、ポータブルコーヒーグッズCafflanoシリーズを手がける会社Beanscorpです。

使い方

コーヒーの美味しさは豆はもちろんですが、何と言ってもひき立てが味も香りも1番です。
カフラーノ・クラインダーなら、たとえばアウトドアーでもおいしいコーヒーが飲めますよ!
grinder 3.jpg
片手サイズで重さも295gと持ち運びには困りません。ポケットに入ってしまうサイズです。
grinder 4.jpg
コーヒーを飲みたいときには、まずハンドルになる部分を外します。
grinder 5.jpg
次にカバーを外してください。
grinder 6.jpg
突起の部分にハンドルを装着したら、目盛を合わせましょう。
grinder 7.jpg
実はこのグラインダー、豆のひき方が8段階で選べるんです!
自分の好みや、エスプレッソなどのコーヒーの入れ方によってひき方を変えられるんです。
コーヒー好きには嬉しいですよね。
grinder 8.jpg
ハンドルを外して豆を入れ、再びカバーとハンドルを付ければ完成です。後はハンドルを回して豆をひくだけですよ。
grinder 9.jpg
イタリアンメイドのこの金属製の刻み目が、豆を潰すことなくきれいに豆を引いてくれます。
grinder 10.jpg
別売りのエスプレッソメーカーを使えば、家庭では難しいエスプレッソも簡単に作れます!
grinder 11.jpg
カラーは嬉しい5色から選べます。
grinder 12.jpg
今回の開発元Beanscorpは、いくつもポータブルコーヒーグッズを作っています。
アウトドアであったりオフィスで、自力でコーヒーを作れるという製品です。初代CafflanoClassicKompact、いずれもコーヒーミルを内蔵していて、豆を粉末にするところからコーヒーを作ります。これを持ち運び型で行えるようになっています。まさにこだわりグッズです。
レギュラーコーヒーのみならず、エスプレッソを屋外で作る製品まで作っています。


今回は今までのものと違い、コーヒーミルのみです。そのかわり8段階に調整できるなど、機能が多いです。

まとめ

もはやカフェでもマイタンブラーやマイカップもよく見るようになりましたね。
コーヒーを片手に歩く人も珍しくありません。
カフラーノ・クラインダーは、さらにその1歩先を行く言わば「マイひき立てコーヒー」ですね。
コーヒー好きにはたまらない商品ですね。
お値段は$45+送料$15で$60(約6,500円)です。
2020/4/30まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/cafflano/krinder

コメント