自転車の反射板をやめてタイヤに貼り付ける。視認性が高く、おまけにスタイリッシュ FLECTR 360 WING(フレクター)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FLECTR1.jpg
自転車の反射板をやめてタイヤに貼り付ける。視認性が高く、おまけにスタイリッシュ FLECTR 360 WING(フレクター)
FLECTR 360 WING(フレクター)は、貼って使う反射板です。板ではなくてシールですが。

使い方

こちらがFLECTR 360 WINGをタイヤのリムに貼ったところです。これに光を当てると…
FLECTR4.jpg
反射して光ります。車や他の自転車のライトが反射することで、自転車が視認しやすくなります。それ自体はタイヤの反射板として普通に使われていますが、FLECTR 360 WINGはタイヤの貼るだけです。そのため空気抵抗がほぼありません。
FLECTR5.jpg
もともとのFLECTRは、板の形になっていました。
従来の反射板は重くて空気抵抗もあるし、見た目もいまいちだ。そこでスタイリッシュな反射板として初代FLECTRが作られました。一枚の重さ0.7gと、非常に軽量です。この時はまだスポークに貼りけていました。


そのあとに作られたのが、FLECTR 360です。ここからスポークではなくタイヤに貼り付ける形になりました。
夜間の自転車走行に。重さ0.8g、どの方向からでもよくみえるスタイリッシュな反射材 | FLECTR 360(フレクター)
FLECTR 360(フレクター)は、自転車のタイヤリムに張る反射シートです。使い方自転車に取り付けられる器具として、反射板があります。夜間に車のヘッドライトなどを反射させることで、自転車をよく見えるようにするためのものです。しかし...

途中FLECTR 360 OMNIという改良版があり、そのあと作られたのが今回のFLECTR 360 WINGです。スポークを挟むような翼の部分ができており、より面積が大きくなりました。
FLECTR8.jpg
横から見るとFLECTRが大きく光って、視認性が高いです。下の写真はカメラ側から光を当てて撮影しています。FLECTR自体が発光しているわけではありませんので、自動車や自転車のライトがあたらなければこのようには見えません。
FLECTR自体の面積が増えたこと、また残像の効果もあって、かなり大きく見えています。
FLECTR10.jpg
横から見やすいのはいいとして、縦方向はどうなのか。タイヤのリム部分を覆うように張られているため、自転車を縦から見ても光を反射します。これはスポークに着ける反射板にはないメリットですね。
FLECTR12.jpg
実際に縦から見て光らせたところがこちら。よく見えます。
下の写真は前にバージョンに当たるFLECTR 360ですが、FLECTR 360 WINGもリムを覆うという性質は変わっていません。
FLECTR14.jpg
カラーバリエーションも用意されており、フレームの色に合わせたり、アクセントカラーとして自分の好きな色を選ぶことができます。自転車は趣味の乗り物でもあるので、やはりかっこいいデザインにこしたことはありません。この点、スポークに貼っていた初代からスタイリッシュなデザインは一貫しています。
FLECTR6.gif

まとめ

お値段は$15+送料6で、$21(約2,200円)です。
2019/10/17まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/outsider-team/flectr-360-wing/description

コメント