28万mAhの大容量でACコンセント機器が使えるハイパーバッテリー。充電時間は1.7時間 DELTA(デルタ)

admin

Pic1.jpg

DELTA (デルタ)は、短時間で充電できるコンパクトなハイパワーバッテリーです。

楽しい一家だんらんの際にも、停電は必ずやってきます。

使い方

そんな時に頼りになるのが発電機です。ですが、従来のガソリンを使ったものだと音や匂い、排気ガスの問題があります。このDELTA (デルタ)は充電式バッテリーなので、ガソリンもオイルもいりません。家の中に置くことができます。

Pic3.jpg

このバッテリーの容量は、280Ah(AhはmAhの1000倍。つまり280,000mAh)のハイパワーなので、多くの家電の電力を賄うことができます。通常のモバイルバッテリーやスマートフォンが3000mAhという単位なので、容量は100倍ぐらいに相当する規模です。もちろんその分重いですが。

冷蔵庫であれば7-14時間、ミキサーは2-3時間、ノートPCは充電15-20回分、電磁調理器は1-2時間、コーヒーメーカーなら5、60杯分の電力を賄うことができます。

Pic4.jpg

このバッテリーがあれば、停電でも大丈夫です。

Pic5.jpg

重量も、ガソリン式発電機の24kgに比べれば、DELTAは14kgと軽く、持ち運びにも便利です。14kgなら二人で持てば運べる重さです。一人だと台車は必須でしょう。

Pic6.jpg

使い方は従来のものと変わりません。普通の家庭のコンセント(100Vから120V)につないで充電します。ただ、従来の同容量のバッテリーであれば、フル充電に18時間かかるところを、1.7時間で充電することができます。

ただしこの速度で充電するためには、コンセントからそれ相応の電力を供給しなくてはなりません。電圧は100V-120Vで構いませんが、電流は10A、電力換算で100Vの場合1000Wです。ドライヤー並みですね。

Pic7.jpg

このバッテリーは、400Wまでのソーラーパネルによる充電にも対応しています。

Pic8.jpg

では仕組みです。このバッテリーは、140本のリチウムバッテリーを内蔵しています。バッテリーは、内蔵したAIによって管理されています。そのため、常に最適の状態を保つことができるのです。

Pic9.jpg

通常、バッテリーを充電する場合、コンセントからくる直流の電気をアダプターで交流に変換してから充電しています。このことが、充電に時間がかかる原因になっています。

このバッテリーは、直流のまま充電することができます。そのために速く充電することができるのです。1度充電しておけば、1年後まで使うことができます。

Pic10.jpg

これがあれば、いざというときでも安心ですね。

まとめ

お値段は$769+送料$29で、$798 (約85,800円)です。

2019/10/19まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/ecoflow/delta-the-new-standard-of-battery-powered-generator/description

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons