スマホのイヤホンジャックをレーザーポインターに変える iPin(アイピン)

admin




ipin

iPin(アイピン)は、スマホのイヤホンジャックをレーザーポインターに変える道具です。

レーザーポインターとしてだけでなく、スマホを使ってプレゼンテーションのページ送り、戻しもできます。

使い方

iPinはイヤホンジャックに刺します。3.55mmで、ヘッドフォンジャックの内部に完全にフィットします。

iPin 4

iPinの専用アプリもあります。

iPin 5

専用アプリを使うと、コンピュータ上のスライドをスマホからコントロールできます。

ただし、プレゼンを表示しているPC/Macで準備が必要です。プレゼン表示側に専用ソフトをインストールすること、スマホと同じWifiネットワークにいることが条件です。

iPin 6

スマホから、ページアップ/ページダウン/スペースバー/エンター/上下左右カーソルキーが使えます。

iPin 7

オプション品のBTtogoをUSBポートに刺すと、インストール無し、Wifiなしでプレゼンをコントロールすることもできます。

この辺は原文に詳しく書いてないのですが、BTtogoがUSBキーボードとして認識されて、カーソルキーを押したのと同じ扱いをしてくれる、ということみたいです。確かにこれならインストール不要です。

iPin 8

iPinを90度回すと、レーザーポインターから電話へ切り替えることができます。

iPin 9

レーザーの長さやiPhoneの種類によって、8種類のiPinがあります。
Android用もあります。

iPin 10

色は、数色あります。

iPin 11

アップルの創設者スティーブ・ウォズニアックも使っているとこのこと。

この雑誌は本当にあるのかなと検索してみましたが、「商业价值杂志」(中国語サイト: http://content.businessvalue.com.cn/)のことみたいです。

iPin 12

いつでもどこでもプレゼンができますね。

まとめ

お値段は、Android用iPinのみだと$30+送料$10で、$40 (約4,800円)です。

iPhone/iOS用iPinとBTtogoのセットで、$65+送料$10で、$75 (約8,900円)です。

Indiegogoで2015/3/11まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/ipin-laser-presenter-for-iphone-ios-android

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons