空中に浮くグッズがなぜかKickstarterで流行

levitating1 admin




levitating1.jpg

空中に浮く系統のグッズが、なぜかKickstarterでちょっと流行っています。以下のものはいずれも現時点で受付中のプロジェクトです。

宙に浮くニキシー管時計 Time Flies

levitating2.jpg

ニキシー管の時計自体は以前からあり、一部のマニアの間で好まれていました。それを宙に浮かせるようにしたものです。

単に浮かせているだけではなく、電源も土台部分から供給しています。ケーブルをつながずに、電磁波で電気を送っています。なんだかすごい・・。まあそんな複雑なことをしなくても、浮かせなければもっと簡単に済む話なのですが。

宙に浮くグラス Levitating CUP

levitating3.jpg

こちらはシンプルにグラスを浮かせるというものです。土台にバッテリー内蔵のものと、電源ケーブルをつなぐものがあります。

見た目がスタイリッシュですね。

levitating4.jpg

スマホを宙に浮かせて充電する OvRcharge

levitating5.jpg

スマホを宙に浮かせて、その状態で充電するというグッズです。こちらもニキシー管と同じく、磁場浮上とワイヤレス送電を使っています。

通常のスマホそのままでは宙に浮かないので、専用のケースに入れて使います。ケースに磁石と電力受信用のコイルがついています。

levitating6.jpg

スマートウォッチを宙に浮かせて充電する LIFT

levitating8.jpg

LIFTは、スマートウォッチを宙に浮かせて充電するというものです。Apple WatchとPebbleに対応しています。

このプロジェクトだけは約1800万円と、他の浮遊グッズと比べて大きな金額が集まっています。スマートウォッチを持っている人に刺さるのかもしれません。

流行のきっかけ

流行のきっかけは、たぶん2015年4月に現れたこのグッズではないかと思います。電球が宙に浮く、というものです。

電球が宙に浮いて回転する、ちょっとおしゃれな照明 Flyte(フライト)

同じ作者が2016年6月に、植物を宙に浮かせるというものも発表しています。

浮く電球の人が作った、宙に浮いて回転するおしゃれなプランター | LYFE(ライフ)

さらに2016年1月には宙に浮く盆栽というものも登場しました。

これがテクノロジーと伝統の融合か。宙に浮かんで回転する「エアー盆栽」

このあたりが影響を与えたのではないかと思います。

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons