原料を入れると自動で地ビールを作ってくれるビールメーカー | Artbrew(アートブリュー)

admin




Artbrew1.jpg

Artbrew(アートブリュー)は、ほぼ自動で地ビールを作ることができるグッズです。

開発元はアメリカです。

アメリカでは個人のビール醸造は、全ての州で認められています。そのためこういったビール醸造グッズが生まれています。

使い方

Artbrewはほぼ全自動でビールを作ることができる、というのが特徴です。もちろん原料は自分で注入する必要があります。

Artbrew15.jpg

まず原料にあったビールのレシピを選択します。ビールにもいろいろ種類がありますが、それによって発酵のさせ方が違うためです。

Artbrew5.jpg

レシピはスマホアプリから選ぶこともできます。

Artbrew14.jpg

水を入れます。

Artbrew6.jpg

水タンクをArtbrewに入れます。

Artbrew7.jpg

原料パックを開けて、原料を取り出します。

Artbrew8.jpg

ビールの苦みの元となるホップを入れます。

Artbrew9.jpg

さらに主原料である大麦を注ぎます。

Artbrew10.jpg

Artbrewを始動すると、原料と水を混ぜて66℃で仕込みをしてくれます。

Artbrew11.jpg

いったん煮沸したあと、ビール酵母を加えて20℃で発酵が行われます。ビール酵母(目に見えないサイズの微生物)が、原料の麦(の中に含まれる糖分)からアルコールを作ります。

Artbrew20.jpg

2週間ほど放置して熟成させればできあがりです。ビールを注いで飲むことができます。

しかし冷蔵庫で冷やさないとおいしくないのでは?という気がしますが、Artbrewに冷却機構がついているとのことです。でもちゃんと冷えますかね?? 詳しい冷却の仕組みは書かれていないので謎ですが・・。

Artbrew13.jpg

同じようなビール作成グッズに、PICOというものがあります。

ビール版のコーヒーメーカー? 様々な味を楽しめる醸造グッズが1億円集めた

PICOと比べると、Artbrewの方はタンクに移し替えなくていいので、その点は楽かもしれません。その代わり、Artbrew自体が結構大きいです。

まとめ

お値段は$489+送料$80で、$569(約61,800円)です。

2016/5/4まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/851236517/artbrew-worlds-best-craft-beer-home-brewery

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons