疲れているならぬる目に。その人の体調を自動判断して最適なお茶を自動で作るティメーカー | Teplo(テプロ)

admin




Teplo1.jpg

Teplo(テプロ)は、その人の体調やお茶の種類に合わせて、最適なお茶を自動で作ってくれるティメーカーです。

使い方

下の写真で中央に写っているのがTeplo(テプロ)です。コーヒーを自動で作ってくれるコーヒーメーカーがありますが、Teploはそのお茶版というところです。

Teplo2.jpg

Teploの使い方は簡単です。まず本体に水を注ぎます。

Teplo3.jpg

Teploのカプセルに好きなお茶の葉を入れます。入れるお茶の葉はTeplo専用のものではなく、自分で買ってきた好きなものが入れられます。

Teplo4.jpg

スマホアプリから、入れたお茶の葉の種類を入力します。これはお茶の種類によって最適な温度、抽出時間が異なるためです。一番おいしく飲むために細かく調整しようというわけです。

アプリにはお茶のデータベースがあり、100種類以上のデータが入っています。

Teplo5.jpg

そしてここがおもしろいところですが、Teploのセンサーに指を乗せます。このセンサー心拍数と指の温度を測定します。その人の今の状態に合わせて、さらにお茶を自動で調整してくれます。

指を乗せるかどうかはオプションなので、飛ばすことができます。そんな調整はいらないからとにかくお茶だけ淹れてくれ、という場合でも使えるようになっています。

Teplo6.jpg

設定が完了するとお湯を沸かしてくれます。使っているお茶の葉と、その人の体調に合わせて最適な温度に沸かしてくれます。

Teplo7.jpg

目的の温度になったら、Teploが自動でお茶の葉をお湯に浸してくれます。

Teplo8.gif

そして最適な時間だけ、お茶の葉を湯につけてくれます。終わったら自動でお茶の葉を引き上げてくれます。

湯につけすぎると渋くなるなど味が濃くなりすぎますし、不足していると薄味になります。落ち茶の葉の種類に合わせて最適な時間だけ抽出して、おいしいお茶を淹れてくれます。

Teplo9.jpg

あとはおいしく飲むだけです。

Teplo10.jpg

すぐに飲まない場合でも、ポットとして保温することもできます。

Teplo11.jpg

自動でお茶の葉を浸してくれるというのも便利ですが、Teplo最大の特徴はやはりセンサーでしょう。指を置くことで心拍数と指の温度を測ってくれますが、それだけではありません。

Teplo13.jpg

気温、湿度、周りの音の大きさ、明るさを測定するセンサーもついており、部屋の状況も測定します。

Teplo14.jpg

それら6つの情報とお茶の種類の両方を勘案して…。

Teplo15.jpg

最適なレシピを自動で作ってくれます。

例えば今の時刻が夜で、心拍数と指の温度が上がっていれば、ストレスが溜まっているだろう、という判断してくれます。その場合、ちょっとだけぬる目にお茶淹れてくれます。さらに玉露をお茶の葉に使う場合は抽出時間を長くして落ち着く味にしてくれます。

Teplo16.jpg

あるいは疲れているだろうという判断になった場合、すこし熱い温度でお茶淹れてくれます。

Teplo18.jpg

まとめ

自動判断機能も面白いですし、単にティーメーカーとして手間を省くという使い方もできます。また自分で買ってきた好きなお茶の葉を使えるところも便利です。

お値段は$279+送料$20で、$299(約33,400円)です。

2019/4/4まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1350821327/teplo-connected-tea-pot-for-personalized-tea-exper

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons