一発ですべての歯の間を磨く、マウスピース型のデンタルフロス | UFloss(ユーフロス)

admin




UFloss1.jpg

UFloss(ユーフロス)は、一発ですべての歯の間を磨く、マウスピース型のデンタルフロスです。

使い方

今やクレジットカード決済もスマートフォンでできるようになった時代・・・

UFloss4.jpg

にもかかわらず、歯を磨くためのデンタルフロスは昔と変わっていないじゃないか。UFloss(ユーフロス)の作者はそう言います。歯を一本ずつ磨いていくので手間がかかります。

UFloss5.jpg

そこを変えようというのがUFlossです。UFlossはマウスピースの形をしています。これを・・・

UFloss6.jpg

口にくわえます。

UFloss7.jpg

UFlossはデンタルフロスの糸の部分が、歯の数だけついています。これを動かすことで一度にすべての歯間を磨いてしまおう、というものです。

UFloss8.jpg

同じような発想のものはすでにクラウドファンディングでありました。Unicoはマウスピース型の歯ブラシで、くわえるだけで歯が磨けるという電動歯ブラシです。

3秒で歯磨き。複数のブラシを動かして一気に磨く、マウスピース型の電動歯ブラシ | Unico(ユニコ)

おしゃぶりのようにもみえるAmabrush、これもマウスピース型電動歯ブラシです。すべての歯を同時に磨くので、くわえて10秒待てば歯磨きが終わるというものです。

一見おしゃぶり。実は全自動10秒で歯を磨けるというグッズ | Amabrush(アマブラッシュ)

今回のUFlossはそれら電動歯ブラシと違って、歯の間を磨くデンタルフロスであるという点です。ここで問題になるのは、自分の歯の形にあっていないと役に立たないという点です。

マウスピース型電動歯ブラシの場合は、多少自分の口の形ずれていたとしても、なんとかなるでしょう。しかしマウスピース型フロスの場合は歯の間に挟むので、位置がぴったりあってないと役に立ちません。

UFloss3.jpg

どうやって自分の口の形に合わせたオーダーメイドで作るのか・・? この解決方法がなかなかユニークです。

UFlossのパッケージを開けると、粘土のようなボールとトレイが入っています。この段階ではデンタルフロスは入っていません。

UFloss9.jpg

粘土状のボールが2色入っています。

UFloss11.jpg

両者を混ぜ合わせます。

UFloss12.jpg

さらにトレイもパッケージが入っています。このトレイの上に・・・

UFloss10.jpg

先ほどのペーストを乗せます。

UFloss13.jpg

そしてくわえて、3分待ちます。これで歯の形の型を取ります。歯医者さんでクラウンやインレーといった被せ物、詰め物を作るときにも同じことをやりますね。

UFloss14.jpg

できた歯型をスマートフォンの専用アプリで撮影し、データを送ります。

UFloss15.jpg

するとその画像をもとに、デンタルフロス本体を作ってくれます。

UFloss17.jpg

デンタルフロス本体が自宅に配送されるのであとはそれを使います。

UFloss16.jpg

歯型の写真を撮ってそこからフロスを作るわけですが、実際の寸法とフロスの差がどの程度なのか気になるところです。一本でも位置がずれてしまうと、フロスの糸が歯に引っかかり、使えなくなってしまいます。

写真で撮る場合、撮影距離によって歯形の写る大きさが変わってきます。そのため写真だけだと、本当の歯の大きさがわからなくなるところです。この点に関しては、トレイの部分も一緒に撮ることで、大きさを推定しているというところでしょうか。

UFloss15.jpg

まとめ

お値段は$99+送料$25で、$124(約13,200円)です。

2018/4/23まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/ufloss/ufloss-worlds-first-custom-floss

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons