お菓子をやめられない? 目標を達成しないと開けられないボックスはどうでしょう kSafe(ケイ・セーフ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

kSafe1
KSafe(ケイ・セーフ)は、あらかじめ設定した目標を達成しないと開けることのできないセキュリティーボックスです。
・ついついお菓子を食べ過ぎてしまう
・暇があったらテレビを見てしまう
・毎日運動したいが続かない
・減煙したい
こんな場合に最適です。
専用のスマホアプリに目標を入力し、KSafeに入れたいものを入れると、目標を達成するまで中を開けられないようになっています。食べ物だけでなく、リモコンも放り込めますw
2

使い方

身の回りには、お菓子やテレビ、スマホなど誘惑がたくさんあります。KSafeがあれば、これらの誘惑を目標達成へのモチベーションにつなげることができます。
アプリと連携しているので、歩数や時間などを正確に管理してくれ、ズルできないようになっているのがポイントです。
3
まず、自分にとって誘惑になるものをKSafeの中に入れます。お菓子やたばこ、デバイス端末など、好きなものを入れられます。
4
あとはスマホの専用アプリから、ロック解除するための条件を設定するだけです。
目標設定の方法は3種類から選べます。
5
1つ目は、決めておいた歩数分を歩くか、もしくは指定したカロリーを消費したらロックが解除されるというモードです。
お菓子を入れておけば、ダイエット中にお菓子を控えたいという人にぴったりですね。
6
KSafeアプリで歩数をカウントするか、別のアクティビティ記録アプリと連携させてカウントすることもできます。
7
2つ目は、あらかじめ設定した場所でチェックインするとロックを解除できるモードです。
8
たとえば、学生が図書館に行ったり、筋トレ中の人がジムに行ったりすることを目標として設定できます。
9
3つ目は、決まった日や時間になるとロックが解除できるモードです。
子どもへのしつけや禁煙、夜間の飲食のセーブなどに効果的です。
これらの複数のモードは複数の条件を組み合わせて設定することもできます。
10
アプリはiOS(iPhone 4s以降の機種)とAndroid(Android 4.1以降の機種)どちらでも使えます。
11
アプリでは過去の目標や現在の達成率を確認することができます。
途中で高い目標に変更をすることもできます。今より低い目標に変更することは出来ないので注意が必要です。
12
KSafeはパスワードを設定して、一時的に開けたり閉めたりすることもできます。
13
LEDライトの光り方で進捗状況をチェックすることができます。
4分の3のランプが光ったら、目標の75%まで到達しているということです。
14
色はブラック、ホワイト(半透明)、ホワイト(不透明)の3色があります。
15
バッテリーが切れても、交換して目標達成しないとロック解除できないそうです。
ダイエットや禁煙など、いままで長続きしなかった人を強力にサポートしてくれそうな商品ですね。

まとめ

お値段は$79+送料$25で、$104(約12,000円)です。
2015/5/8まで注文受付中です。

健康
スポンサーリンク
シェアする
Kickstarter fan!

コメント