一見おしゃぶり。実は全自動10秒で歯を磨けるというグッズ | Amabrush(アマブラッシュ)

admin




Amabrush1.jpg

Amabrush(アマブラッシュ)は、全自動で、かつ10秒で歯を磨けるというグッズです。

使っている場面が、一見するとおしゃぶりをくわえているようにも見えます。

使い方

こちらがAmabrush(アマブラッシュ)です。とても歯ブラシに見えませんが、これでも歯ブラシです。

このY字型のグッズをどうするかというと・・・

Amabrush2.jpg

口に持っていきます。

Amabrush16.jpg

そしてそのままくわえます! この場面だけ見ていると大人がおしゃぶりをくわえているようで、とても変な光景です。

おしゃぶりの底の部分を押すと、スイッチがオンになります。

Amabrush7.jpg

後は10秒待つだけです。腕どころか、歯を動かしたりする必要もないという、完全な全自動です。歯磨き粉すら自動で出てきます。

Amabrush8.jpg

Amabrushはマウスピース型のブラシが振動して、歯を磨くようになっています。

10秒で歯磨きなんて短すぎるのでは?と最初思いましたが、案外そうでもないようです。なぜそんなに速いかというと、すべての歯を一度に磨いているためです。

普通の歯磨きでは1本ずつ磨いていきます。一方でAmabrushのブラシは歯全体をカバーするように広がっており、一気にすべて磨けます。1本の歯を10秒かけて磨いていると考えれば、時間的には妥当です。

Amabrush3.jpg

後は口をすすげば完了です。さすがにすすぎだけは手動です。

Amabrush17.jpg

ブラシになっているとマウスピース部分と、本体は分離できるようになっています。ブラシ部分だけ外して水洗いできます。

Amabrush9.jpg

ブラシと本体は磁石でくっつきます。本体をブラシに近づけると・・

Amabrush11.jpg

くっつきました。磁石なのではがすのも簡単です。

Amabrush12.jpg

ブラシ部分のみ差し替えて使えるので、一つのAmabrush本体を家族で共有することができます。

Amabrush15.jpg

マウスピース部分だけ入れ替えて別の人がAmabrushを使いました。

Amabrush18.jpg

本体の半透明になっているに、歯磨き粉が入っています。

Amabrush5.jpg

Amabrushの電源をオンにすると・・

Amabrush13.jpg

じわじわと歯磨き粉が出てきました。ポンプを内蔵しており、くみ出すようになっています。

Amabrush14.jpg

マウスピースは普通の歯ブラシと同じく消耗品です。3から6か月ごとに交換が必要です。価格は€6が予定されています。

本体は、充電台の上に載せておくと充電できます。Micro USBによる充電版もあります。

Amabrush10.jpg

歯磨きカプセルは一つで一か月分です。予定価格は€3です。

Amabrush6.jpg

全自動歯磨きに関しては、以前にもCLEARsmileというものがありました。しかし非常に大がかりでした。

新世代の歯磨き?! 食器洗濯機みたいに「歯」を洗ってくれる機械 CLEARsmile(クリアスマイル)

今回のAmabrushは非常にコンパクト、かつ歯磨き粉まで自動で出るという念の入れようです。懸念点としてはどの程度歯がきれいになるかでしょうか。ブラシの動きがある程度以上大きければきちんと磨けそうですが、振動が小さいと不十分になる可能性もあります。

まとめ

お値段は、ワイヤレス充電版が€99+€20で、€119(約15,200円)です。
Micro USBケーブル充電版は€69です。

2017/8/5まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1071673943/amabrush-worlds-first-automatic-toothbrush

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons