おいしいコーヒーのために、あえて手動で豆を挽く ROK Coffee Grinder(ROKコーヒーグラインダー)

admin




1

ROK Coffee Grinder(ロックコーヒーグラインダー)は、コーヒー豆を挽くためのミルです。自動ではなくあえて手動です。

普通の自動ミルに比べて、細かい粉に砕くことができます。これがおいしいコーヒーを作り出します。

使い方

本体はアルミ製です。底部は滑らないように加工されています。サイズは高さ28cm、奥行21cm、幅17.3cm(ハンドル部を除く)です。

3

粉の細かさを比較したグラフがこちら。右に行くほど粒が細かくなります。ROK(茶色の線)はグラフの右側にかたよっており、粒が細かいことがわかります。

rok2

ROK内部はこちら。2重の軸受けになっています。刃を回転させるのではなく、このシャフトが豆を粉砕します。これにより細かい粒を作ります。

ミルによっては豆を挽く際に大きな摩擦が発生してコーヒー粉の質を悪くしてしまうことがあります。ROK Coffee Grinderはゆっくりと回転して過剰な摩擦を起こしません。

rok3

そしてできたコーヒーの粉がこちら。

rok4

お湯を入れドリップしておいしいコーヒーのできあがり。

rok5

ダイヤルで豆の粗さを調整して、細挽きから粗挽きまで好みのコーヒーを楽しむことが出来ます。コーヒーマニアが設計したという感じですね。

粗挽きの場合は一般的にがたつきが起きることがありますが、ROK Coffee Grinderはがたつきにくい構造になっています。

5

仕様

普通の電動ミルよりよい、というのはいいとして、既存の手動ミルと比べるとどうでしょうか?

ROK Coffee Grinderは一般的な手動ミルの半分以下のハンドル回転数で豆を挽くことが出来ます。例えば2杯のエスプレッソに使う豆を挽くのにわずか30秒ほどしかかかりません。

その分、サイズはごついです。ハンドルを大きくしないとパワーを上げられないので仕方のないところです。

4

電動ミルよりも音が静かなのも特徴です。夜でも安心して使えますね。

7

まとめ

既に約1100万円集まって目標額を突破しています。手動ミルは手間がかかりますが、コーヒーにこだわりがある人がそもそも多いらしく需要はあるようです。Kickstarterでもコーヒーグッズをよく見かけます。

お値段は$149+送料$20で、$169(約20,130円)です。

Indiegogoで2015/1/5まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/the-revolutionary-rok-coffee-grinder

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons