外出中に、スマホから犬の餌やりとしつけができるグッズ | Furbo(ファーボ)

Furbo-Agency-2.0-Crowdfunding-Pet-Cam_dhjjub admin




Furbo-Agency-2.0-Crowdfunding-Pet-Cam_dhjjub.jpg

Furbo(ファーボ)は、離れた場所にいても、スマホを通じてペットのしつけができるドッグシッターです。

使い方

スマホを通じてペットの様子を見て、しつけをすることができます。声かけしたり、エサやりすることもできるのです。

Pic2.jpg

使い方は簡単です。スマホに専用のアプリをダウンロードし、Furbo(ファーボ)とWiFiでリンクさせます。

Pic3.jpg

Furbo(ファーボ)にエサを入れておきます。これで準備完了です。

Pic4.jpg

エサをあげるときは、アプリを開き、画面をタップします。

Pic5.jpg

Furbo(ファーボ)の穴からエサが投げ出されます。これで、エサの時間や量をコントロールできるのです。

Pic6.jpg

また、留守中にペットが吠えることがあります。

Pic7.jpg

すると警報がスマホに送られてきます。

Pic8.jpg

スピーカーを内蔵しているので、スマホを通じてペットに話しかけ、吠えないようにしつけることができます。

Pic9.jpg

犬には、特殊な波長の光や音に反応する習性があります。Furbo(ファーボ)には、その犬が反応するブルーのライトと、特殊な波長の音を発する機能があります。ブルーのライトが点灯したらエサの時間、音が鳴ったら飼い主が呼んでいるサイン、というふうに犬をしつけることができるのです。

Pic10.jpg

赤外線フィルターがついているので、暗くなってもペットの様子を見ることができます。iOS、Android共に対応しています。電源は、付属しているUSBにアダプターを接続して、コンセントから取ることができます。

Pic11.jpg

これがあれば、いつでもペットと会話できて楽しいですね。

まとめ

お値段は$99+送料$25で、$124(約13,200円)です。

2016/5/26まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/furbo-world-s-first-treat-tossing-dog-camera#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons