水漏れしないようにぴったりふさぐロール式シャワーカーテン JoyFous(ジョイファス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


JoyFous(ジョイファス)は、簡単に取り付けられてシャワースペースを確保できる収納型シャワースクリーンです。

発案者はアメリカの会社です。

使い方

日本の住宅事情に合わせスペースを有効活用しているユニットバスでも、どんなにオシャレな広いバスルームでも、一般的なシャワーカーテンでは水が飛んでしまうものです。
さらに、体に貼りついたり、シャワースペースが狭くなったり、カビが生えたりと不快な思いをすることも多いですね。
リラックスタイムでもあるせっかくのバスタイムを、ジョイファスで快適に過ごしませんか?

シャワースクリーンの幅は135cmから200cmまで対応しているので、大抵の浴室に合わせて使えます。
スペースを浴室のサイズに合わせて有効に使えるので、シャワーカーテンが体に貼りついたり、狭くて体が洗いづらいという悩みも解消してくれますよ。

レールがあることで、シャワーの水が外側に流れることもないんです。
これなら床が水浸しになることもなく、足を置いても不快感もありませんね。

スクリーンは抗菌素材で速乾性もあり、シリコン、ファイバーガラス、コーティングの3層構造になっています。

この3層構造によって汚れが落ちやすく、カビを防ぎ、柔軟性がありつつ丈夫なスクリーンになっているんですよ。
これなら快適にシャワーが浴びれ、小さなお子さんでも安心して使えますね。

設置も簡単です。
まずは浴室の側面にシャワースクリーンをつけます。

ドリルで設置する場合は、マニュアルに沿って簡単に設置できますよ。
壁を傷つけたくない場合は、専用の接着剤で設置できます。

使用する時は、側面に着けたスクリーンからレールを引き出しましょう。

レールをバスタブの長さに合わせて引き出し、バスタブの淵に置きます。

後はシャワースクリーンを引き出すだけです。

取っ手をロックに固定すれば、シャワースペースの完成です。

さらに、賃貸などで原状復帰しなければならない場合なども、壁を気づつけずに取り外せます。
まずはへらなどでシャワースクリーンを取り外します。

残っている接着剤などは削り落しましょう。

最後に布などで拭き取れば、元通りにすることができますよ。

なんと、左利き用、右利き用が選べます(笑)。

フレームカラーも、ホワイトとブラックから選べますよ。

家族みんなで、快適なバスタイムを過ごせそうですね。

まとめ

ガラス張りのシャワールームやバスルームもありますが、ガラスはガラスで汚れも付きやすく、割れた時に危険ですよね。
このシャワースクリーンなら、完全に仕切れて収納もできる、というのはいいですね。
これでカビだらけのシャワーカーテンともお別れできますよ!

お値段は$99+送料$40で$139(約15,120円)です。
2021/6/9まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/joyfous-retractable-rolling-shower-screen–2#/

コメント