1.6kgと軽量で持ち運びやすい。カメラと別になっているオフカメラストロボ PiXLIGHT (ピックスライト)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pic20.jpg
PiXLIGHT (ピックスライト)は、軽量で持ち運びやすい、スタンド付きオフカメラストロボです。

使い方

カメラにストロボは欠かせません。これまで、様々なストロボが開発されてきました。
ですが、カメラから離れた位置でストロボを発光させる、オフカメラストロボという手法に使うスタンドは、大掛かりで大荷物になることが多くありました。(カメラとは別の装置なので、オフカメラと呼ばれます)
Pic2.jpg
ストロボの角度を設定する機構も複雑で、扱いが難しいものが多くありました。
Pic3.jpg
このPiXLIGHT (ピックスライト)ならば、軽量で持ち運びやすいうえに、取り扱いも簡単なのです。
Pic4.jpg
伸ばした状態だと全長2mありますが、折りたたむと、カメラバッグにも入れられるほどコンパクトになります。重さもたったの1.6kgです。
Pic5.jpg
使い方は簡単です。折りたたんである脚を広げて地面に立てれば準備完了です。
Pic6.jpg
ストロボを支えるアームの部分は、360度回るうえに、どの方向にでも自由に曲がるようになっているので、セッティングが楽です。カメラにこのストロボのリモートコントローラーを取り付ければ、シャッターに連動させてストロボを使うことができます。
Pic7.jpg
また、アプリをインストールすることで、スマホのカメラと連動させて使うこともできます。
Pic8.jpg
では仕組みです。スタンドの中央部分には、フレキシブルチューブが使われています。そのため、自由に曲げることができるのです。電源は内蔵バッテリーで、充電用にUSB Type-Cが付いています。1回の充電で4時間使うことができます。
Pic9.jpg
これがあれば、手軽に本格的なストロボが使えますね。

まとめ

お値段は$300 (約32,200円)です。送料は無料です。
2020/3/12まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/pixlight/pixlight-a-lightweight-portable-and-off-camera-speedlight

コメント