紙の使い捨てはもったいない。そこでティッシュのように複数枚入りのハンカチ LastTissue

admin




pic9.jpg

LastTissueは、ティッシュのように使えるハンカチです。ハンカチなので繰り返し利用可能です。

普通のハンカチと違って、複数枚入っています。まさにティッシュ感覚で使えます。

使い方

毎日何気なく使うティッシュですが、アメリカだけでも毎年なんと800万本の木がティッシュの原料として切り倒されていることはご存知でしょうか。

製紙・パルプ業は、世界中の全産業のうち温室効果ガスを生み出す産業ワースト3に入るといわれています。

pic2.jpeg

LastTissueはこの問題を解決するために生まれました。

つくりは非常にシンプルです。シリコン製のケースの中に、オーガニックコットン製のティッシュのように薄い布が6枚入るようになっています。これが1枚だけだと、単なるハンカチです。ここが違いです。

一回ハンカチで鼻をかんだら、再利用は誰でも嫌ですよね。このLast Tissueなら、下から取り出せば新しいハンカチが出てきます。新鮮なハンカチが使えます。まるでティッシュ箱です。

 

pic3.jpg

ケースの下に穴が開いているので、そこから引き出して使用し、使用後はケースの上から戻すだけです。

ケースの中には仕切りが用意されているので、汚れた布ティッシュをそのまま戻してもほかの布ティッシュが汚れる心配はありません

ハンカチであるため、洗って繰り返し使えます。ごみの量が減り、ティッシュを頻繁に買い足す手間もなくなります。

pic4.gif

当然のことながら、ティッシュの生産で消費されるのは木だけはありません。

紙ティッシュの生産には大量の水も使われています。いつもの紙ティッシュを使う場面で一回LastTissueを使うだけで、なんと2リットルもの節水につながるそうです。

さらに、一般的な使い捨て紙ティッシュを生産に使われるエネルギーの3分の1程度のエネルギーでコットン製布ティッシュを作ることができるので、使用だけでなく生産の段階でもLastTissueのほうが環境に優しいのは一目瞭然ですね。

pic5.jpeg

LastTissueに使われている布ティッシュには、GOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準)の認証を受けたオーガニックコットンが100%使用されているので、安心して使用できます。

コットン製なので肌あたりも優しく、鼻や口まわりなどを拭いてもひりつきやかぶれを起こしにくいのも特徴です。

60度のお湯を使った洗濯に460回耐えられ、薄いのに耐久性も抜群です。

pic6.jpg

ケースは100%医療用シリコンでできており、ラテックスなどにアレルギーのある方も安心して使えます。

シリコンは高温にも耐えられるので、汚れたら食洗機に入れて洗うこともできますよ。

pic7.jpg

カラーも豊富に用意されているので、好きな色を見つけられますよ。

pic8.gif

まとめ

ポケットティッシュの代わりにLastTissueを持ち歩き、小さなことから環境保護に貢献してみてはいかがでしょうか?

お値段は、ケース3つと布ティッシュ18枚セットでUS$39+送料US$10、合計US49$(約5,430円)です。

布ティッシュの追加購入は今後可能になる予定とのことです。

2020/3/12まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/193289139/lasttissuetm-the-reusable-tissue-pack

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons