トイレのブラシも汚れるけど、洗うのが面倒。そこで電源なしに自動洗浄するグッズ FlushBrush

admin




pic20.jpg

FlushBrushは、トイレの水を流すたびにブラシヘッドを自動で洗浄できる、新しいトイレブラシです。

自動ですが、電源は不要です。コロンブスの卵、のようなアイデアです。

使い方

トイレを清潔に保つために使用するトイレブラシですが、このトイレブラシを清潔に保つのはなかなか簡単なことではありません。

トイレ掃除をしたあとのブラシには汚れが絡まり、水分も残っています。

これをケースに戻そうとして、ブラシに残った水分が床や壁に飛び散ってしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。

ケースにはブラシから滴り落ちた水分や汚れが溜まり、雑菌が繁殖してしまいます。

pic2.jpg

FlushBrushは、この問題を解決してくれます。

一般的なブラシを使って便器を掃除すると、ブラシの毛で表面にキズがつき、そのキズに汚れが溜まることで便器に菌が繁殖してしまいます。

FlushBrushのブラシヘッドはシリコンでできているため、便器の表面にキズがつきにくく、便器内の雑菌繁殖を抑えることができます。

さらにシリコンは水をはじくので、ヘッド自体の雑菌繁殖も抑えられます。

pic3.jpg

ブラシヘッドは、スティックから切り離されて便器の内側に保管されます。

つまり、掃除から片付けまでの間ヘッドが便器の外に出ることがなく、便器の外に汚れが飛び散るのを防ぐことができます。

さらに、水を流すたびブラシヘッドが洗浄されるので、トイレブラシを常に清潔に保つことができます。

pic4.jpg

FlushBrushの使い方は非常にシンプルです。

まず、ブラシヘッド用のケースを便器に取り付けます。

便座を持ち上げたら、ケースのフックを便器の縁に掛けるようにして取り付けましょう。フックはアルミ製で柔軟性があるため、縁に合わせて形を変えればどのトイレにもぴったりと固定することができます。

pic5.jpg

掃除をするときはスティックをヘッドに挿し込み、あとはいつも通りに使いましょう。

掃除が終わったら、ブラシをケースに戻してスティックのレバーを引きましょう。ブラシがスティックから外れて便器の中にあるケースに収まります。

あとは水を流せば、落ちた汚れと一緒にブラシに残った汚れも落とすことができますよ。

pic7.jpg

スティックは、壁に掛けるか床に立てて保管することができます。

pic8.jpg

万が一ヘッドを便器の中に落としてしまっても、スティックの先端とヘッドの両方にマグネットが入っているので、手を使わずにヘッドを取り出すことができます。

便器やブラシヘッドに触れることなく、掃除から片付けまで簡単に行えます。

ブラシヘッドが古くなったら、新しいヘッドに交換すれば再び新品同様に使うことができます。

ヘッドの交換が簡単に行えるためブラシを長く清潔に保つことができるうえ、ブラシごと捨てる必要がないためゴミの量も減らすことができます。

さらに、トイレ掃除のあと便器とブラシの汚れを一度の水洗で洗い落とせるので、ブラシを洗うためだけにもう一度水を流す必要がなくなります。

トイレの水を1回流すのに使われる水の量は約6リットルと言われてるので、毎回のトイレ掃除で1回ずつ流すのを減らせばどれだけ水を節約できるか分かりますね。
まとめ

いま使っているトイレブラシをFlushBrushに換えれば、いつでも清潔なブラシでトイレ掃除をすることができますよ。

お値段は£18+送料£5で、合計£23(約3,284円)です。

2020/2/28まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/flushbrush/flushbrush-an-evolution-in-toilet-cleaning

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons