ドリンクと一緒に小物を収納。両者の敷居を自動調整できるマグボトル | Morph Bottle(モーフボトル)

admin




morph01.jpg

ジムや屋外でのトレーニング中に必要になる小物は常に持ち運びたいですが、ポケットにいれておくのは邪魔ですよね。小物に加えてドリンクボトルやエナジーバーを携帯すると身軽に動けません。

カバンを用意しても、常にそばに置いておくのは難しいです。そこでドリンクと小物をひとまとめにして携帯できるマグボトルが、Morph Bottle(モーフボトル)です。

さらに区切り部分を自動調整できるという点が特徴になっています。

使い方

Morph Bottleはドリンクと小物を収納するスペースが区切られているマグボトルです。
ドリンクに加えて貴重品や小物をまとめて収納できます。
トレーニング中に肌身離さず持ち運べて、いつでも中身を取り出して使用できます。

morph02.jpg

小物入れには鍵やクレジットカード、エネルギーバーなどを収納できます。

morph03.jpg

小物を入れた場合はドリンクが15オンス(約440ml)入ります。

morph04.jpg

ドリンクと小物入れの仕切りは伸縮素材なので、ドリンクを注ぐと自動的にスペースが広がって20オンス(約590ml)まで入ります。この自動調節されるという点がMorph Bottleの大きな特徴です。

底面のキャップに通気口があるので、底蓋を開けなくても小物入れの空気が抜ける仕組みです。

morph05.jpg

使い方はまずボトルを逆さにして貴重品を入れます。

morph06.jpg

その後ボトルの向きを戻してドリンクを注ぎます。

morph07.jpg

キャップは指をひっかけて手に取りやすい設計になっています。
またシリコングリップが付いているので掴みやすく、滑りにくいです。

morph08.jpg

Morph Bottleは簡単に分解できるので手入れが簡単です。

morph09.jpg

素材にはBPAやBPSが使用されていないので安心して使用できます。

morph10.jpg

カラーはターフ、シャドウ、アクア、ウインターの4色です。

morph11.jpg

サイズは以下の通りです。

morph12.jpg

ポケットに物を入れなくてよくなるのでトレーニングがはかどりそうですね。
貴重品が無い時はドリンクがたくさん入るようになっているので無駄が無くて良いと思います。

まとめ

お値段はMorph Bottle(モルフボトル)1本で$50(約5,600円)です。
送料は期限終了後に別途徴収となります。

2018/12/24まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1963706692/morph-bottle-essentials-and-hydration-in-a-single

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons