熱い飲み物と水を両方入れられる魔法瓶。蓋を共通化してコンパクトに | DUO

admin

DUO1.jpg

DUOは、熱い飲み物と水を両方をひとつに入れられる魔法瓶です。蓋を共通化してコンパクトになっています。

使い方

季節によっては、熱い飲み物と冷たい飲み物の両方が飲みたい、という場合があります。じっとしているときは熱い飲み物、歩いているときはちょっと冷たい飲み物が欲しい、といった具合です。

魔法瓶は便利ですが、熱いものと冷たいもの両方というのは普通のものではできません。下の写真左側のように、2本持ち歩くと邪魔です。

DUO3.jpg

そこで両方持ち明けるようにしたのが、このDUOです。水筒が二重の入れ子になっていて、外側が水などをいれておけます。内側は魔法瓶になっていて、熱い飲み物をいれておけます。

DUO2.jpg

使い方は簡単です。前述の通り二重になっているので、蓋を外して内側の筒を取り出します。

DUO8.jpg

内側の筒はステンレス製で、真空で断熱されています。この部分には350mlの飲み物が入ります。熱い飲み物や冷たい飲み物のどちらも入れられます。

DUO9.jpg

外側はプラスチックの水筒です。こちらは1Lの水筒になっています。単体でも使うことができますし、ステンレス魔法瓶を内側にいれることもできます。

外側の部分は魔法瓶ではないので、冷めたりぬるくなったりします。両方魔法瓶にしていないのは、重くしないためです。魔法瓶にしようとすると金属製にならざるを得ず、そうなるとかなり重くなります。

DUO13.jpg

両方を合わせると、一本のボトルになります。2本持ち歩く場合に比べると、邪魔になりません。

DUO11.jpg

ボトルが2本あるわけですが、蓋の部分は共有しています。一つの蓋で両方のボトルをふさいでいます。

外側の部分を飲むには、ノブの部分を持って…

DUO14.jpg

回転させます。

DUO15.jpg

あとは口で直接飲めます。もちろんコップに注いでも構いません。

DUO16.jpg

内側を飲みたい場合は、もう一つの栓の部分を持ち上げます。

DUO17.jpg

こちらはストローのように飲みます。内側の筒から飲んでいるので、いったんこのようにストローを介さないと飲めません。

DUO18.jpg

必ずしも熱いものと冷たいものをいれる必要はありません。冷たいエナジードリンクと水、冷たいスムージーと水、といった組み合わせも可能です。どうするかは使う人次第です。

DUO2.jpg

2種類入れられるボトルというのは今までもありました。上と下で二つのボトルに分かれているものなどです。

今回のものは蓋が共有されていて、容量のわりにコンパクトになっています。

温かいものと冷たい飲み物を1つの容器で持ち運べる魔法瓶。コーヒーもばっちり | H2Jo(エイチ・ツー・ジョー)

まとめ

お値段は£22+送料£3で、£25(約3,600円)です。

2019/4/13まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/duobottles/duo-the-most-convenient-and-sustainable-2-in-1-bot

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons