ジャンプし放題。ゲレンデをサンダルで滑り降りる新手のスキーグッズ | Snowfeet(スノーフィート)

admin




Snowfeet1.jpg

Snowfeet(スノーフィート)は、靴型のスキーです。非常にコンパクトでジャンプし放題というところが特徴です。

使い方

スキーが生まれて約1000年…。

Snowfeet8.jpg

スノーボードは約50年前に誕生しました。

Snowfeet9.jpg

そしてさらなる進化(?)として生まれたのが、このSnowfeetです。一言で言えばサンダルですが、底の部分で雪の上を滑れるようになっています。

Snowfeet2.png

Snowfeetはそのまま足を入れて履くわけではありません。まずウインターシューズやスノーボードのブーツをはいて、その上からSnowfeetを装着します。

Snowfeet11.jpg

Snowfeetの固定は非常に手軽です。ブーツの上からストラップで固定するだけです。スキーやスノーボードと違って長さが短いため、力がかかったときに板を外すためのビンディングはありません。

Snowfeet7.jpg

Snowfeetを履いたら、手ぶらで滑りに行けます。とても手軽です。

Snowfeet12.jpg

普通のスキーのようにゲレンデを滑り降りることができます。ただし長さが短い分、うまくバランスを取らないと転倒しそうでもあります。特に抵抗が少ない分、スピードが出すぎた時の減速は大変でしょう。運動神経が求められそうです。

Snowfeet4.jpg

減速を助けるために、かかとの部分はブレーキになっています。

Snowfeet3.png

あるいはクロスカントリースキーとして、平地を滑って走ることもできます。

Snowfeet5.jpg

開発元によれば、スキーとスケートを合わせたような性質があるとのことです。うまく使いこなせれば楽しそうです。ただしスケートの場合は傾斜のないところで行うので靴型でいいですが、スキーの場合は斜面です。安定性に注意する必要がありそうです。

Snowfeet10.jpg

板に相当する部分が軽いため、ジャンプはし放題です。

Snowfeet14.jpg

さらに両足がバラバラになっているため、ジャンプの踏切も簡単です。片足踏切でジャンプできます。この点は爽快でしょう。

Snowfeet13.jpg

コンパクトであるため、持ち運びはとても楽です。リュックに入れて運搬できます。

Snowfeet6.jpg

まとめ

お値段は$119+送料$35で、$154(約17,300円)です。

2018/11/30まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/snowfeet-new-booming-winter-sport#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons