5億円に到達。機内持ち込み可能、1つで旅行の荷物をすべて収納できるバックパック | The Travel Line

admin




back pack 1.jpg

The Travel Line(トラベルライン)は、これ1つでタウンユースから旅行まで必要な物が収納できるバック・パックです。

発案者は、アメリカのデザイン会社です。

使い方

両手も自由になって、重い荷物でも持ち歩くのに負担が少ないバック・パックは最近のトレンドですよね。

back pack 3.jpg

ただ、飛行機に乗る場合に困ることはありませんか?最近では機内持ち込みの荷物制限が厳しくなっていて、特にLCCなどでは重量もさることながらサイズも厳しくチェックします。

規定の枠に収まらない場合は預け入れ荷物としてでしか許可されない場合もあり、追加料金が必要になってくる場合もあります。手荷物で機内に持ち込むつもりだったりすれば、がっかりですよね。

back pack 4.jpg

このバック・パックなら、基本的に機内に持ち込めるサイズに設計されているので、空港で頭を抱えることもありません。

back pack 5.jpg

30Lから最大45Lまで収納できるので、これ1つで旅行でもタウンユースでも便利に使うことができます。

back pack 6.jpg

もちろんバック・パックとしての機能も充実しています。開口部は全開できるので、物の出し入れもしやすいデザインです。
実は背面側のファスナーからも中身が取り出せるようになっているんです。

back pack 7.jpg

さらに両サイドも開くようになっているので、持ち歩きながらでも物の出し入れがしやすいですよね。

back pack 8.jpg

ポケットや仕切りも付いているので、細かい物も分けて収納できます。

back pack 9.jpg

現代人にはかかせない、PCやタブレット用のポケットもありますよ。

back pack 10.jpg

背面側・表側の開口部のファスナー両方がロックできる鍵もついていて、セキュリティー面でも安心です。

back pack 11.jpg

外側には、小物が収納できるポケットやボトルが収納できるサイドポケットも付いています。

back pack 12.jpg

さらにブランケットやラグマットを持ち歩きたいときも、ストラップを引き出して括りつけて持ち歩けるんです。

back pack 13.jpg

普通のバックとして持つことができる背面のストラップも、キャリーの持ち手に通せば、サブバックとしてキャリーと一緒に持ち歩くこともできますよ。

back pack 14.jpg

ウォータープルーフなので、雨の日でも気にせずに持ち歩けますね。

back pack 15.jpg

今回のリュックの製作元は、以前Kickstarterでカメラホルダーなどを作っていた会社です。ベルトにカメラを吊り下げて、すぐにカメラを取り出せる道具だったり・・・

カメラをベルトやストラップに吊り下げ、シャッターチャンスを逃さず撮影できるグッズ | Capture v3(キャプチャーv3)

非常に細かいところまで凝って作ったカメラバッグであったりです。痒い所に手が届く工夫がなされています。

細かい使い勝手に徹底してこだわり、2.5億円集めたカメラバッグ Everyday Messenger(エブリデイ・メッセンジャー)

そういった過去の製品が好評で、カメラだけでなく旅行グッズも作っていました。その流れで出てきたのが今回のリュックです。

過去に構築した信頼が功を奏したのだと思いますが、今回は5億円も集まっています。

まとめ

一見ふつうのバック・パックですが、表側だけでなく背面側からも開けられ、しかも全開できるというのは斬新です。
荷物を降ろさなくてもサイドからも中の物が出せるのは嬉しいですね。しかも機内持ち込みもドキドキすることもなさそうです。
さらに機能的に使いたい人には、オプションでカテゴリー別に収納できる小分けのポーチも選ぶことができます。

お値段は$235+送料$30で$269(約29,870円)です。

2018/09/21まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/peak-design/the-travel-line-versatile-travel-backpack-packing

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons