シュノーケルとゴーグルが一体化。曇りを減らし、呼吸しやすく改良された | Seaview 180(シービュー) SV2

admin




Seaview1.jpg

Seaview 180(シービュー) SV2は、シュノーケルとゴーグルが一体化したものです。視界の広さ、曇り防止などの機能がついています。

使い方

SV2の開発元Wildhorn Outfittersは、3年前にSeaview 180°(シービュー)というシュノーケリング用ゴーグルを製作しました。これは現在もAmazon.comなどで販売されています。Amazonでのユーザーの評価は高く、好評を得ています。

Seaview15.jpg

今回のSeaview 180° SV2は、初代の改良版です。

Seaview2.jpg

シュノーケリング用のゴーグルやシュノーケル自体はすでにたくさんあります。しかし基本的な構造は昔と変わっておらず、Wildhornは使いづらく時代遅れであると言っています。

Seaview18.jpg

SV2は通常のゴーグルやシュノーケルと比べて多くの点が異なっています。まずシュノーケルとゴーグルが一体化しており、さらに通気口となるシュノーケルが非常に太くなっています。これによって空気抵抗を下げています。

さらに鼻から空気を吸って口から吐けるように、鼻と口の部分がゴーグル内で分割されています。息の流れがスムーズになるように作られています。逆流防止弁がついており、鼻側の息は口側へ流れるようになっています。

Seaview5.jpg

吐いた息は暖かいため、息がゴーグルに当たると曇ります。これを緩和するために息は口から吐いて、目の部分を通らないようになっています。

またシュノーケルのマウスピース部分がなく、空気はゴーグルの中でやりとりされます。口でくわえる必要がなくなっています。

Seaview11.jpg

ゴーグルの縁が視界を遮らないよう、目の周りは大きく開けています。そのかわりとてもごついゴーグルになっていますが・・・。

Seaview7.jpg

ゴーグルに視界を遮られないので、とても没入感があると開発元はいっています。

Seaview17.jpg

シュノーケルの上端は犬の耳のように曲がっています。

Seaview9.jpg

これは波がシュノーケルにかかって水が入ることを減らすことが目的です。

Seaview21.jpg

あごの部分は穴が開いています。

Seaview12.jpg

もしゴーグルの中に水が入っても、水面に出てくれば水が自然に排出されるようになっています。逆流防止になっているので、水の中にいるときは入ってきません。

Seaview22.jpg

ゴーグルの横にはカメラを取り付けられるようになっています。昔と違い今はGoProなどのカメラで撮ってSNSに載せることはとても一般的です。

Seaview13.jpg

ゴーグルに着けることで、手ぶらで水中の様子を撮影できるようになっています。

Seaview24.jpg

これらの機能で快適にシュノーケリングしよう、というようになっています。一方でいろいろな機能がある反面、従来のものに比べて非常にサイズが大きくなっています。もっともこれをつけて地上を歩き回るわけではないので、あまり気にならないかもしれません。

Seaview6.jpg

まとめ

お値段は$69(約7,300円)です。現状日本へは発送していません。

2018/4/6まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1100550116/seaview-180-sv2-elevate-your-snorkeling-experience

 

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons