寝袋の足元と胸元を暖める、ヒーター付きのインナー寝袋 | Ravean(レイビアン)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ravean1.jpg
Ravean(レイビアン)は、ヒーター付きのインナー寝袋です。寝袋の中に入れて使います。
ぶ厚くない寝袋を、暖かくして使うためのグッズです。

使い方

Ravean(レイビアン)は、以前Kickstarterでアウトドアグッズを作っていました。電気式のヒーターを内蔵しており、寒い場所でも暖かいというものです。
着込んでも寒い? そこでヒーター内蔵のジャケットと手袋の出番
Ravean19.jpg
これが好評であったため、他にも何か自分たちで作れるもの無いだろうか?と考えていました。
Ravean7.jpg
そんなことを考えつつ、実際に自分たちの作ったヒーター内蔵ジャケットを着てキャンプをしに行きました。
Ravean8.jpg
そこで気がついたのが、足元が寒い、ということです。体はヒーターのおかげで暖かいですが、人間の体の構造上どうしても足元は冷えがちです。
次に作るならここだな、Raveanはそう考えました。
Ravean9.jpg
そこで生まれたのが、寝袋用のインナーバッグです。寝袋の中に敷いて使うタイプのものと(下の写真左側)、歩き回れるようになっているコート型(右側)があります。
Ravean3.jpg
どちらも体の中心部分と足元に電気式のヒーターが内蔵されています。これにより、あまりぶ厚くない寝袋(シュラフ)を、寒い場所でも使い回せるようにしよう、という発想です。
Ravean2.png
マミー型の方は、寝袋の中にいれて使います。
Ravean21.jpg
上から見るとこうなります。足の部分と、胸の部分にヒーターがついています。
Ravean20.jpg
もう一つはベンチコート型です。
Ravean11.jpg
休息時用なので、足元までの長さがあります。これで登山をしたり歩き回ったりするには向いていませんが、キャンプ場所で作業をするには便利です。
Ravean12.jpg
こちらも足元と胸元にヒーターが内蔵されており、ボタンでそれぞれをオンオフすることができます。
Ravean13.jpg
コートの足元部分は、縛って締めることができます。足元から風が入り込むとかなり寒いですが、その対策です。
Ravean14.jpg
ヒーターのバッテリーは腰のあたりに内蔵されています。
Ravean15.jpg
このバッテリーはヒーターを駆動するだけでなく、USB電源としてスマホを充電することもできます。
Ravean16.jpg
アウトドア用なので、防水性を持たせてあります。防寒具は濡れてしまうと、防寒効果が下がります。その対策として防水仕様になっています。
Ravean17.jpg
このインナーコートは休息時用なので、移動時はしまっておく必要があります。袋に詰めることでコンパクトに持ち運ぶことができます。
Ravean18.jpg

まとめ

お値段は$179+送料$45で、$224(約24,400円)です。
2016/6/13まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/ravean/sleep-naked-camping-heated-sleeping-bag-liner-by-r

コメント