厚さ4.8mm、カードサイズのモバイルバッテリーSlimgerを使ってみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Slimger-1.jpg
Slimgerは、カードサイズのモバイルバッテリーです。iPhoneやAndroidを充電できます。厚さ4.8mmと非常に薄いところが特徴です。
この記事は、今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2015の23日目です。

Indiegogo

Slimgerは、2014年にIndiegogoで掲載されていたプロジェクトです。
Indiegogoというのは、Kickstarterのようなクラウドファンディングサイトの一つです。クラウドファンディングそのものについての説明はこちらをご覧ください。
簡単に言うと、新しいグッズなどを世に出すために、みんなでお金を出すという仕組みです。筆者もIndiegogoでお金を出し、ひとつ手に入れました。

Slimger

開発元からメールが来て住所などを答えると、アメリカから届きました。最初連絡メールを見落としていて、届くのに時間がかかってしまいました……。
slimger1.jpg
こちらがパッケージ。なかなかきれいです。
slimger2.jpg
中にはSlimger本体と、Slimgerを充電するためのMicro USBケーブルが入っています。表面はアルミでしょうか、ツヤ消し加工による質感がよいです。
slimger4.jpg
裏側は軽量化のためかプラスチックが使われています。スマホを充電するためのケーブルも本体に埋め込まれていて、これが意外と便利です。
カバンの中にケーブルを入れていると、バッテリーは見つかったがケーブルが見つからない……ということが何度も起きていたのですが、これならその心配もありません。
slimger5.jpg
ケーブルはちょっと押すと出てきます。下の写真はAndroid用のMicroUSB版ですが、iPhone用のLightning版もあります。
slimger6.jpg
厚さは4.8mmです。実際に測ってみるとやはり4mmぐらいでした。ただしケーブルのある部分だけは、厚みが7mmぐらいあります。
コネクタ部分をあまり薄くしすぎると壊れやすくなるので、仕方のないところではあります。壊れやすさと薄さを天秤にかけて、ぎりぎり絞ったところだと思います。筆者は数ヶ月持ち歩いていますが、今のところコネクタは壊れていません。
slimger7.jpg
カード型のスマホ充電器ということで、実際に財布に入るかどうか試してみました。財布はポケットに入れるかなり小型のものです。中身は空です。
slimger9.jpg
財布のカード入れに入れてみると……はいりました!
slimger10.jpg
Slimgerを入れて財布を横から見るとこうなります。当然ながら財布が分厚くなってしまいますが、ぎりぎり許容範囲でしょうか。
そもそも今回試した財布自体がかなり小型の物なので、窮屈なのもやむを得ない部分があります。二つ折り財布ならもっと楽だと思います。
slimger11.jpg

充電能力

Slimgerは1400mAhの充電能力があります。最近のスマホは2000mAhから3000mAhの電池容量なので、Slimgerでは満タンにすることはできません。Slimgerは薄い分、電池容量も少ないです。
実際にSlimgerで充電してみました。下の写真は充電前で、47%になっています。スマホの電池容量は2110mAhです。
slimger12.jpg
充電後は80%になりました。電池残量は+33%です。
実際に使う時は、外でスマホの電源を入れながら充電するということが多いので、この実験も電源を入れながら行いました。電源を切ればもうちょっと増えてたんじゃないかと思います。
slimger13.jpg
この通り満タンにはならないのですが、これでよいかどうかは用途次第だと思います。
外出先で家に帰るまでスマホを持たせたい。満タンにするのは家に帰ってから。筆者はこういう使い方なのですが、これだと十分耐えられます。ただ電車に何分乗っているかでも変わってきますね。
5000mAhのモバイルバッテリーも持っているのですが、Slimgerの方が軽くてコンパクトなので、普段はSlimgerを使っています。
重さも45gと非常に軽いです。
slimger20.jpg

まとめ

・薄くて軽い
・スマホ用ケーブル内蔵
・スマホを満タンに充電できない
実際に使っていて便利だと感じます。軽くて邪魔にならないところがいいと思います。手に入れてよかったです。
Slimgerは現在、Indiegogoで随時注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/slimger-ultra-slim-charger-for-mobile-devices#/

クラウドファンディングはおもしろい

KickstarterやIndiegogoでは今回のような実用的なものもあれば、ロケットエンジンを個人で作る(笑)というような無謀なものまで、いろいろなプロジェクトがあります。


当サイトはクラウドファンディングのプロジェクトを毎日紹介しています。よろしければ定期的に見に来ていただけると幸いです!
http://https://www.kickstarterfan.com/
 

コメント

  1. 匿名 より:

    モバイルバッテリーはざっくり搭載容量の60~70%が充電する側に注入されるので、容量1400mAhだとだいたい1000mAhぐらいの電源供給になるかなと思います。