六本足で複数関節。ヨチヨチと動くクモ型ロボットの動きがおもしろい | HEXA(ヘクサ)

admin




HEXA1.jpg

HEXA(ヘクサ)は、六本足で複数関節のクモ型ロボットです。ヨチヨチと動く様子がおもしろいです。

開発元は中国の北京です。

使い方

こちらがHEXA(ヘクサ)です。六本の足にそれぞれ関節が二つ付いています。今は足を曲げて座り込んでいますが・・・

HEXA6.jpg

ぴょこんと立ち上がりました。

HEXA7.jpg

脚には二つの関節、

HEXA2.jpg

目に相当する部分には三つの部品が見えます。それぞれカメラ、距離計、赤外線照射機です。赤外線は暗い場所でカメラを使うために用意されています。

HEXA3.jpg

足回りには、タイヤや戦車のような履帯(キャタピラ)を使わずに、あえて六本足になっています。わざわざ複雑な構造にしているメリットは何か? 下の写真では、地震の高さの半分もある障害物にぶつかっています。

HEXA11.jpg

HEXAが前脚を上げました。

HEXA12.jpg

まず前脚を台の上に載せ、今度は中脚を振り上げました。

HEXA12a.jpg

なんとか台の上によじ登りました。このあたりの動きがたどたどしくて、かわいいです。デモ用に最小限の時間で作ったらこうなったのでしょうが・・。

HEXA13.jpg

台の上についたらうつ伏せ状態になりました。

HEXA14.jpg

動画はこちら。1:13あたりから

<iframe width=”640″ height=”360″ src=”https://www.kickstarter.com/projects/1090670314/hexa-programmable-highly-maneuverable-robot/widget/video.html” frameborder=”0″ scrolling=”no”> </iframe>

HEXA(ヘクサ)はSDKを使って、自分で制御するというのが主な使い方です。HEXAのSDKはGo言語(Golang)です。カメラなどもAPIが用意されています。

HEXA4.jpg

SDKだけでなく、簡単に操作して試せるようにスマホアプリも用意されています。

HEXA16.jpg

六本足が生かせる用途というと、不整地ということになるでしょうか。ただ地形に左右されないという点ではヘリ型(ドローン)のほうが有利だと思います。ただしドローンは故障して墜落すると危ないというリスクもあります。

個人用の六本足ロボット、なんらかの面白い使い道があれば楽しいかもしれません。

HEXA8.jpg

まとめ

お値段は$499+送料$80で、$579(約63,200円)です。

2017/9/14まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1090670314/hexa-programmable-highly-maneuverable-robot

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons