リチウムボタン電池で動作する、Bluetooth搭載の小型コンピューター | Puck.js(パックJS)

admin




Puck1.jpg

Puck.js(パックJS)は、コインサイズの小型コンピューターです。

使い方

特徴は、非常に小型であることです。コインサイズです。

Puck15.jpg

リチウムボタン電池CR2032のみで動作します。電池を内蔵しているので、Puck.js単体で使うことができます。

Puck12.jpg

例えば水槽に貼り付けて、餌やりの時刻になったら点灯させる、という使い方ができます。電池だけでなくLEDやセンサーも内蔵しており、別途電源などは不要です。

Puck16.jpg

センサーは、地磁気センサー(コンパス)と温度センサーを内蔵しています。別のセンサーを取り付けることもできますが、内蔵のものだけならばPuck.jsのみで使うことができます。

Puck10.jpg

ケースは耐水性があります。3Dプリンタで作ったような見た目ですが、試作品の段階なので3Dプリンタで作ったとのことです。

Puck2.jpg

外部との通信はBluetooth 5.0で行います。スマホなどと接続することができます。

Puck3.jpg

Puck.jsには汎用入出力であるGPIOピンがついています。

Puck5.jpg

これを利用してモーターの制御を行うこともできます。

Puck7.jpg

赤外線LEDもついており、自分で作ればPuck.jsからリモコンの信号を送ることもできます。

Puck11.jpg

Puck.jsは、GUIで動作をプログラミングすることができます。

Puck13.jpg

jsという名前の通り、JavaScriptを使ってプログラミングすることもできます。

Puck14.jpg

小型かつ、ボタン電池動作するという仕様であるため、性能的には最小限度です。RAMは64kバイト、FLASHは512kバイトです。CPUは組み込み用途のARM Cortex M4Fです。

Puck8.jpg

まとめ

お値段は£28+送料£4で、£32(約4,500円)です。
2個セットもあります。

2016/8/6まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/gfw/puckjs-the-ground-breaking-bluetooth-beacon

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons