リング表示がかっこいい! ハンドルに設置できる自転車ナビ SmartHalo(スマートヘイロー)

SmartHalo1 admin




SmartHalo1

SmartHalo(スマートヘイロー)は、自転車ナビです。

地図が表示されるのではなく、進むべき方向だけが表示されます。スマホで地図を見る場合と違って、乗っている時に気が散りません。注意散漫は事故の者なので、重要な点です。

使い方

SmartHalo(スマートヘイロー)は、ハンドル中央に取り付けます。緑色に光っている部分です。

SmartHalo2

ナビを使うには、まずスマホアプリで目的地を入れます。iPhoneとAndroid対応です。

SmartHalo3

あとはスマホをしまって、自転車に乗るだけです。運転中はスマホを見ないでよい、というところがポイントです。

SmartHalo4

どちらに進むかライトで指示してくれます。表示の仕方がかっこいいですね。単純な表示なので一目でわかりますし、注意が逸れにくいです。

SmartHalo13

左右以外にも、Uターンの場合は赤など、色分けして見やすく表示してくれます。

SmartHalo5

少ないことはいいことだ、というのが製品のポリシーとのこと。自転車の運転中に見るものに関しては、その通りではないでしょうか。

SmartHalo11

ナビ以外の機能

ナビ以外にもいろいろと機能がついています。前面部分にはライトを内蔵しており、暗くなると自動で点灯します。手動でライトをつけても大した手間ではないですが、おもしろい仕掛けです。

SmartHalo9

さらに自転車を停めると、自動でライトを消してくれます。

SmartHalo16

置いてしばらく立つと、ライトが消えました!

SmartHalo17

電話着信を通知してくれる機能もあります。着信があると表示が変わります。

SmartHalo14

いったん自転車を停めて、電話することができます。

SmartHalo15

SmartHaloは、盗難警報器の役目も果たします。誰かが自転車を盗もうとして自転車が揺れると、それを検知して警報を鳴らします。持ち主はスマホのBluetoothを使って自動的に警報が解除されます。

SmartHalo18

しかしスマホがバッテリー切れになると警報を解除できないのでは…? そんなときのために、本体のボタンでも解除できるようになっています。あらかじめ登録したリズムに従ってボタンを押すと、スマホ無しでも解除できます。

SmartHalo10

自転車を停めた位置を記録して、教えてくれる機能もあります。

SmartHalo6

どのぐらい自転車をこいだか、記録してくれます。ただ、これ自体はスマホアプリだけでもできますね。

SmartHalo7

ちょっとおもしろいのは、目標としている距離までどのぐらいこいだか、ディスプレイで表示してくれることです。一目でわかりますね。トレーニングマシンみたいです。

SmartHalo8

充電はUSBでできます。バッテリーは普通の使い方で3週間持つとのこと。ただこれは、ライトをどのぐらいつけるかにかなり依存すると思います。

SmartHalo12

まとめ

機能てんこ盛りですね。でもどれもあって損はないものだと思います。

お値段は$131+送料$25で、$156(約18,700円)です。

2015/9/24まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1106460188/smarthalo-turn-your-bike-into-a-smart-bike

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons