ケースを操作して接続先スマホ、ノーパソを簡単切り替えできるイヤホン Morph(モーフ)

admin




皆さんは使用するデバイスを変えるたびにイヤホンのBluetooth接続を切り替えるのが面倒になったことはないでしょうか。

従来のイヤホンには切り替え機能が付いた商品もありますが、操作が煩雑でストレスがたまりますよね。イヤホン自体をタッチ操作することが多いですが、耳元にあるので操作しづらいです。

また画面がないので今どこにつながっているのか、とても分かりづらいです。もっと簡単に切り替えたい…。

morph01.jpg

今回紹介するMorph(モーフ)なら、ひとつのイヤホンを装着したままで接続するデバイスを簡単に切り替えられます。

morph02

Morphはワイヤレスイヤホンと充電ケースがセットになったオーディオペアリングデバイスです。
画面付きの充電ケースがコントローラーになっているので、目で確認しながら簡単に操作できます。

morph03.jpg

例えばスマートフォンで音楽を聴いたり、パソコンでズーム通話をしたり、テレビで映画を見たりと、その瞬間の目的に合わせてペアリングを切り替えられます。

morph04.jpg

画面は有機ELなので鮮明で見やすく、操作方法がシンプルなので直観的に使えます。
操作はケースの左右に付いているタッチセンサーのみで行います。

morph05.jpg

接続デバイスの切り替え以外にも、音量調整や再生、一時停止などの操作が行えます。

morph06.jpg

画面にはイヤホンとケースの電池残量や、接続中のデバイス名が常に表示されます。
急な電池切れや、接続中のデバイスがわからず混乱するといったトラブルを防げます。

morph07

Morphは1つのデバイスの音を複数のイヤホンで共有できます。
例えば子供が眠っている間に、夫婦だけでテレビを見たい時などに便利です。

morph08.jpg

イヤホンはノイズの大きさを検知して、ノイズ量を自動的に調整します。
無駄なノイズ除去を行わないのでバッテリーが長持ちします。

morph09.jpg

充電はUSB-Cで行います。
イヤホンはフル充電で最大約24時間稼働します。
充電ケースのバッテリーを合わせれば、最大約50時間使用できます。

morph10.jpg

Bluetoothに対応している機器ならメーカーを問わず使用できる点が便利ですね。
ケースの画面が鮮明で見やすいので、コンパクトなサイズ感でもストレスなく操作できそうです。

まとめ

お値段はMorph(モーフ)1台で、S$109(約9,000円)です。
送料は期限終了後に別途徴収となります。

2021/4/1まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/morphaudio/morph-rapidly-switch-audio-across-infinite-devices-any-os

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons