メガネ通販や視力低下の確認に。自宅で手軽に視力検査できるキット EyeQue VisionCheck 2(アイキュー・ビジョンチェック2)

admin




eyeque01.jpg

皆さんはメガネを作るために、眼科へ行くのが面倒だと感じたことはないでしょうか。
予約していても混雑していて待たされる場合がありますし、お金もかかるので大変ですよね。

今回紹介するEyeQue VisionCheck 2(アイキュー・ビジョンチェック2)を使えば、メガネを作成するための視力検査を自宅で簡単に済ませられます。通販でメガネを作ることができますが、そういう場合にも役立ちます。

またこれを使えば、自分の視力が下がっていないかという定期チェックも家で簡単にできます。

使い方

EyeQue VisionCheck 2はスマートフォンに接続して使用する視力検査キットです。
近視や乱視などの屈折異常と、瞳孔間距離(PD)を検査できます。

eyeque02.jpg

これらをあらかじめ検査しておくことで、購入したメガネが目に合わないというリスクが軽減できます。

eyeque03

また、眼科に行く必要がないのでオンライン等でメガネを注文する際に手続きがスムーズに進みます。

eyeque04.jpg

屈折異常を測定するには、専用アプリをインストールしたスマートフォンとVisionCheck 2本体を使用します。

eyeque05.jpg

赤と緑の線が重なるようにボタンを操作します。

eyeque06

線が完全に重なっていることを確認したらエンターボタンを押します。
この作業を左右の目で8回ずつ繰り返すことで屈折異常を測定できます。

eyeque07.jpg

結果はスマートフォンですぐに確認できます。

eyeque08.jpg

瞳孔間距離の測定にはスマートフォンと専用のメガネフレームを使用します。

eyeque09.jpg

アプリ画面上の楕円に顔が収まるように自撮りします。

eyeque10

緑色のマーカーの位置を調整することで瞳孔間距離が測定できます。

eyeque11.jpg

VishionCheck2は前作のVisionCheckに比べて、スマートフォンクリップや検査用のアナログボタンが追加されたことで、誰でも直観的に利用できるようになりました。
また、より少ないテスト回数で正確な検査結果が出せるように進化しています。

eyeque13.jpg

MITの特許技術を採用していて、15万回以上のテストが行われているので安心して使用できます。
仕様は以下の通りです。

eyeque12.jpg

まとめ

仕事などで忙しくて眼科に行けない場合でも自宅で検査できるのは便利ですね。
何度でもやり直しができるので、数回繰り返すことで精度の高い検査ができそうです。

お値段はEyeQue VisionCheck 2(アイキュー・ビジョンチェック2)$69+送料$20で、合計$89(約9,300円)です。
VisionCheck 2の利用には、別途年間29ドルのサブスクリプション契約が必要ですが、kickstarterのリワードには2年分のサブスクリプション料金が含まれています。

2021/2/7まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/eyeque/eyeque-visioncheck-2-smartphone-vision-test

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons