プロジェクターを使ってボールを投げて運動できるゲーム機 Limbic(リンビック)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

limbic01.jpg
自宅でのトレーニングがつらいと感じたことはないでしょうか。
自宅でのトレーニングはバリエーションに限界がありますし、何度も同じことを繰り返すのは大変ですよね。
今回紹介するゲームコンソールのLimbic(リンビック)なら、大画面でゲームを遊びながら全身を動かせます。

使い方

LimbicはプロジェクターやディスプレイにHDMIケーブルで接続して使用します。
limbic02
プロジェクターで映し出されたゲーム画面とその周囲でのプレイヤーの動きをリアルタイムで追跡します。
Limbicはセンサーがついていて、画面にボールを当てたり、直接触れたりするとゲーム画面が反応して動きます。ここがプロジェクター単体の場合との違いです。
limbic03.jpg
まるで大画面を操作してゲームを遊んでいるような感覚を楽しめます。
limbic04.jpg
30種類以上のゲームがプリインストールされているので飽きずに遊べます。
limbic05.jpg
遊びながら身体の様々な部分を使うので、運動能力の向上が期待できます。
limbic06
マルチタッチに対応しているので、二人以上で同時に遊べます。
limbic07.jpg
頭を使いながら体を動かすことで認知能力などが鍛えられるので、子供の知育にも最適です。
limbic08.jpg
アプリでトレーニング結果を記録して家族や友人とシェアできます。
他の人から結果を見られることで、モチベーションが維持できます。
limbic09.jpg
ゲームを十分に楽しむためには最低3×3メートルのスペースが必要です。
limbic10.jpg
ゲームが最初からたくさん入っているので飽きずにトレーニングできます。
映し出す画面が大きいのでしっかり全身を動かせそうですね。

まとめ

お値段はLimbic(リンビック)€651+送料€65で、合計€716(約91,000円)です。
通常月額€29,90(約4,000円)が必要ですが、kickstarterから支援した場合は月額料金がかかりません。
2021/1/24まで支援受付中です。

コメント