TRPGのダンジョンマップがスクロールになった! その名も「無限ダンジョン」 Infinidungeon

admin




pic1.jpg

Infinidungeon(インフィニダンジョン)は、TRPG用のダンジョンマップです。

スクロールになっているところが特徴です。

使い方

2019年に、Immersive Battle Mapsというものがありました。TRPG(プレイヤー同士の会話で進行するRPG)で使う地形やダンジョンが本になったものです。

本のページをめくることで、船の上であったり、地下迷宮の中といった様々な場所が出てくるというものです。この本一冊を持ち歩くだけでいいので、邪魔にならないというところもメリットです。

TRPGの戦闘を盛り上げる、様々な場面が入った本の形のマップ | Immersive Battle Maps(イマーシブバトルマップ)

そのImmersive Battle Mapsの作者から新作が出ました。それが今回のInfinidungeonです。inifite+dungeon、つまり「無限ダンジョン」という意味です。

pic2.jpg

Infinidungeonは、巻物型になっているところが特徴です。畳んでいる状態だとコンパクトですが…。

pic3.jpg

巻物を引き延ばしていくと、さまざまなダンジョンのマップが出てきます。

pic4.gif

この上にプレイヤーの駒を置いて、ダンジョンを探索していきます。先に進むときに巻物からマップを伸ばしていきます。コンピューターRPGのような、滑らかスクロールがTRPGでもできてしまいます。

次のマップが見えないので、わくわく感がありますね。TRPGはなりきりゲームなので、こういう雰囲気づくりはいいんじゃないかと思います。

pic12.jpg

もちろんじわじわとマップをスクロールさせていくだけでなく、特定のところだけ使うこともできます。

pic5.jpg

巻物一本の長さは、アメリカ人の大人の身長で3.5人分です。かなり長いです。一本を入り口から踏破するとなると、複数日のセッションになりそうですね。

pic10.jpg

Immersive Battle Maps(本のバージョン)と同じく、表面はつるつるのコーティングが施されています。飲み物や食べ物がかかっても、きれいにふきとれます。

pic11.jpg

上からステッカーを貼って、マップに修正を加えることもできます。

pic7.jpg

そのためのステッカーまでオプションで用意されています。

pic6.jpg

マップの種類は6種類あります。

・川
・ダンジョン
・自分で書いたり消したりできる方眼紙マップ
・ダンジョンその2
・溶岩地帯
・未定

川はおもしろそうですね。判定に失敗したら流されたりとかできそうですね。なんだかボードゲームみたいですが。

pic9.jpg

まとめ

お値段は$49+送料33で、$82(約9,000円)です。

2020/3/26まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/atlasmundi/infinidungeon-scrolls-for-tabletop-roleplaying-games

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons