片手でカメラの角度を思い通りぴたっと調節できる三脚ヘッド Platyball(プラティボール)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pic20.jpg
Platyball (プラティボール)は、片手でカメラの角度を調節できる三脚ヘッドです。

使い方

従来の三脚ヘッドは、微妙な調整がしづらいうえに、ネジで固定するものが多くありました。
Pic2.jpg
また、多くが採用している水泡タイプの水平器は、結果をはっきりと示すものではありませんでした。
Pic3.jpg
このPlatyball (プラティボール)ならば、片手で操作できるうえに、デジタル水平器を採用しているため、はっきりと水平を確認することができるのです。
Pic4.jpg
取り付け方は簡単です。アルカスイス製のクランプと互換性があるため、スムーズに取りつけることができます。
Pic5.jpg
耐荷重は10kgですので、望遠レンズ付きのカメラでも支えることができます。
Pic6.jpg
ロックと解除をこのボタン一つで行うことができます。
Pic7.jpg
そのため、片手でカメラを動かすことができるのです。
Pic8.jpg
このような動きの速い撮影対象でも、容易にカメラをパンさせて撮影することができるのです。
Pic9.jpg
では仕組みです。このヘッドのボディはアルミ削り出しで作られているため、非常に強度が高いです。そして、耐久性の高いポリマー製ブレーキパッドで動きを制御しているため、思い通りの角度で止めることができるのです。
Pic10.jpg
電源は、アルカリ電池の12V 23Aです。
Pic11.jpg
これがあれば、もうシャッターチャンスを逃すことはありませんね。

まとめ

お値段はUS$249 (約27,700円)です。送料は無料です。
2020/3/16まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/platyball/platyball-elite-and-ergo

コメント