スマホに貼って持ち運べる超薄型リーディンググラス ペーパーグラス・ミニ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

paper.jpg
ペーパーグラス・ミニは、超薄型にたたむことができて持ち運びにも便利な日本製のリーディンググラスです。
人間は近くを見るときに目の筋肉を使います。これが理由で、近くばかり見ていると目が疲れます。
リーディンググラスはそういった作業を助けるために、ちょっと近くに目の焦点を移動させます。そのためリーディンググラスという通り、本を読んだりスマホやPCを見たりするときに目を疲れにくくします。
開発元は、メガネで有名な地域である鯖江、そこに存在する会社です。

使い方

国産メガネフレームの約90%以上を生産する眼鏡産地「鯖江」って知っていましたか?
鯖江のメガネは1本1本職人の手作りのため、通常は値段も高額になってしまうところ、このペーパーグラス・ミニはお手頃な価格で買えるんです。
glasses 3.jpg
この薄型で持ち運びを便利にしたのが、このメガネのデザインです。
実はこのペーパーメガネ・ミニは、普通のメガネのテンプル(メガネのつるの部分)より短く耳までは届きません。
独自の構造でこめかみにフィットすることでメガネがかけられるんです。
glasses 4.jpg
テンプルが短いため、折りたたんだでもコンパクトに薄くなります。
だから、特許出願中の専用ケースに入れてスマホやPCに貼って収納できるんですよ。
これなら置き忘れや失くす心配もありません。
glasses 5.jpg
レンズの度数も1.13倍、1.25倍から選べます。ちょっと文字が見づらいときに重宝します。
glasses 6.jpg
カラーもブルー/ピンク/グレーの3色からお気に入りのカラーが選べます。
glasses 7.jpg

まとめ

度数があまり高くないので、普段メガネをかけない人やリーディンググラス初心者にも使いやすいそうです。
色合いも幅広い年齢層が使えそうな色ですね。
お値段は10,560円(税込・1.13倍、1.25倍の度数が選べます)で、送料は無料です。
2020/1/30まで支援受付中です。
https://www.makuake.com/project/paperglass02

コメント