災害時にも便利。1/8に畳んでコンパクトに収納できるマット ORIGAMI MAKIMONO(オリガミ・マキモノ)

admin




mat 1.jpg

このオリガミ・マキモノは、コンパクトに折りたためて専用ケースに収納できるマット&ピローです。

発案者は、多くのオリジナル寝具の企画開発・販売を手がける日本の会社エムールです。何度かクラウドファンディングに製品を載せていますね。 (たとえばこちら )

使い方

このオリガミ・マキモノは、日本に昔から身近にある折り紙から小さな動物などが生みだされる様子を見た寝具の開発者が、「こんな風に小さく畳めないものか?」と思ったのがきっかけで開発されました。

mat 3.jpg

マットのサイズは一般的なシングルサイズでも、折りたたむとタテ約50cm・ヨコ約50cm、高さ約25cmとこれだけ小さくなります。
一般的なシングルマットを折りたたんだときのの1/8くらいにコンパクトになります。

mat 4.jpg

さらにこのオリガミ・マキモノは、厚さ2.3cmと一見薄すぎにも見えますが、密度の高い高反発ウレタンを使用しています。
耐久性に優れていて経年劣化に強く、荷重に対して跳ね返す力に優れています。
体が沈み込む過ぎず体に負担がかかりにくくいので、この厚みでも普段の寝心地を追求しています。

mat 5.jpg

裏側をメッシュにすることでウレタンの欠点と言われる通気性もカバーし、表面は、空気を含み、柔らかく肌触りの良い生地を使用しています。

mat 6.jpg

マットだけではなく、枕も丸めて収納できるのがさらに便利ですよね。

mat 7.jpg

これを可能にしたのが、この切れ込みが入った構造です。
低反発ウレタンに3Dカットの切り込みを入れることで、たたみやすく破損が生じにくい構造になっています。

mat 8.jpg

枕カバーは外して洗濯が可能なので、いつでも清潔に使えますよ。

mat 9.jpg

寝心地はそのままにコンパクトに収納できるので、日本の狭小住宅や来客用としてもいいですね。

mat 10.jpg

キャンプや車中泊にも重宝しそうです。運転中の休憩に仮眠、なんていう使い方もできそうです。

mat 11.jpg

最近頻発している災害や、いざという時にも活躍してくれます。

mat 12.jpg

まとめ

大きな災害時、避難生活が2日以上になる割合も高そうです。
また、水やガソリンと同じ位に不足を感じたものとして「マット」や「毛布」といった寝具という声も多いそうです。
いざという時にも重宝しそうなこのオリガミ・マキモノ、そういう意味でも持っているのもいいかもしれません。

お値段は4,800円(税込)で、送料は無料です。

2020/2/14まで支援受付中です。
https://www.makuake.com/project/moor14

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons