(レビュー)iPhone、Micro USB、USB-Cのどれでも充電できるコンパクトケーブルHigh Five

admin




High Fiveは、Micro USB、USB-C、Lightningのいずれのコネクタでも使える、充電ケーブルです。非常にコンパクトなところが特徴です。

High Fiveは、2019年2月にKickstarterで支援を受け付けていたプロジェクトです。筆者はプロジェクトを支援しており、製品を一つ受け取りました。

Lightning、Micro USB、USB C、全五種類を接続するコンパクトなコネクタ | High Five (ハイ・ファイブ)

こちらがHigh Fiveです。大きさとしてはだいたい人差し指サイズです。

pic1.JPG

High Fiveは二つのパーツからなっています。持ち運ぶときは両方が合体して、パーツがなくならないようになっています。

pic2.JPG

パーツのうち一つは、スマートフォンなどの機器に差し込むためのコネクタがついています。三種類のコネクタに対応しているんですが、ケーブルには二つのコネクタしかついていないように見えます。

実はここが工夫されていて、LightningとMicro USBはひとつの端子を共有しています。そのため余計にアダプタをつけなくても、このケーブルだけで三種類のコネクタに差し込むことができます。

pic3.JPG

もう片方のパーツは、USB Type-A(従来型のUSBコネクタ)のプラグになっています。これをモバイルバッテリーであったり、USB充電機のコネクタに差し込みます。

pic7.jpg

実際に使ったところがこちら。右のモバイルバッテリーはUSB Type-A、左のスマートフォンはMicro USBです。High Fiveの二つのパーツをつなぎ合わせることで充電できました。なおHigh Fiveは充電だけで、データ転送には対応していません。

pic5.jpg

iPadをLightning経由で充電しているところがこちら。

pic8.JPG

LightningとMicro USBはプラグを共有しており、それぞれ裏表になっています。

pic9.JPG

左側はNintendo SwitchでUSB-Cのコネクタを持っています。先ほどと同じHigh Fiveを使って充電することができます。Micro USBやLightninのときと違ってケーぶるの向きが逆になっています。モバイルバッテリー側に差し込んでいるプラグはそのままです。

pic10.JPG

デバイスに差し込む方のケーブルは、コネクタ部分が磁石でお互いに引っ付くようになっています。このおかげでケーブルがまとまってくれます。さらにまとまってくれているおかげで、USB Type A側のアダプタにも簡単に差し込めます。二つのプラグを差し込むより、まとめて一個差し込む方が手間が少ないです。細かい工夫ですが、使っていると便利です。

pic6.JPG

High Fiveのケーブル部分は輪になるので、キーホルダーに着けて持ち運ぶこともできます。とても小さいので、常に持ち歩いても邪魔になりません。

pic4.JPG

ちょっとしたグッズですが、あれば便利な道具だと思います。Kickstarterでのキャンペーンは終了しましたが、現在は公式サイトやAmazon.comで販売中です。

https://www.vonmaehlen.com/en/high-five

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons