狭い場所でも使える。重さ68g、ポケットに入るモンキーレンチ | Ti EDC Wrench

admin




Wrench1.jpg

Ti EDC Wrenchは、ポケットに入るモンキーレンチです。コンパクトなため狭い場所でも使えます。重さ68gと軽量です。

使い方

作者のChadwickとJoeさんは、これまでにKickstarterで多くのプロジェクトを立ち上げています。2011年から始めて、なんと24個です。

Wrench11.jpg

いろいろなプロジェクトを作られていますが、最近のものだとチタン製の工具がいくつかあります。カッターを備えたマルチツールであったりです。

チタン製の厚さ4mm、カッターやプライバー、栓抜きなどに使えるマルチツール | TPT(ティーピーティー)

直前の24個目のプロジェクトでは、Bit Barというドライバーを製作していました。ねじ回しの先端部分が一つのフレームに収納されており、ネジの大きさに合わせて使い分けることができます。もちろんドライバーの軸部分も内蔵しています。複数の先端(ビット)を備えつつ、ポケットに入るので持ち運びが簡単というものです。

このプロジェクトが好評で、約2200万円集まりました。

Wrench2.jpg

そして今回作ったのが、25個めのプロジェクトとなるTi EDC Wrenchというレンチです。EDCとはEvery day carry、つまり毎日気軽に持ち歩けるという意味です。

Wrench3.jpg

Ti EDC Wrenchは、六角ボルトを回すためのレンチでありながら、通常のレンチと比べるととてもコンパクトです。

Wrench4.jpg

これも先ほどのドライバーと同じくポケットに入るので、簡単に持ち運べます。ちょっと六角ネジを締めたい、といった場合に手軽に使えます。

Wrench6.jpg

コンパクトながらも、ネジのサイズに合わせてレンチを調整するためのダイヤルも備わっています。最大19mmのボルトやナットを回すことができます。

Wrench7.gif

ただし強く握れないと力が出せないので、ぎりぎり握れるぐらいの大きさになっています。

Wrench5.jpg

ボルトに差し込んで・・・

Wrench8.jpg

グイっと回せます。

Wrench9.jpg

台車の修理などに役立ちます。

Wrench13.jpg

またコンパクトであるため、普通のレンチが当たってしまうような狭い場所でも使うことができます。

Wrench12.jpg

本体はチタン製で軽く、重さは68gです。

Wrench14.jpg

まとめ

お値段は$89(約9,900円)です。送料無料です。

2018/9/13まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/klinkokids/ti-edc-wrench-adjustable-pocket-tool-for-everyday

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons