障害物でカメラを近づけない場合でもマクロ撮影できるレンズ | Laowa Probe Lens(ラオワプローブレンズ)

admin




マクロレンズではユニークな写真や映像が撮れますが、障害物があると被写体に寄れないので撮影できなかったり、水中なので撮影できないなどの制限があります。

このようなマクロ撮影の制限を克服したのが、バレル(砲身)型マクロレンズのLaowa(ラオワ)です。

laowa01.jpg

Laowaは細長いバレルを搭載したマクロレンズです。
40cmのバレルでレンズだけ被写体に接近できるので、簡単にマクロ撮影ができます。

laowa02.jpg

通常のマクロレンズでは植物に隠れた生物にカメラが近づけませんが、Laowaならバレルで草をかき分けて撮影できます。カメラは話したまま、レンズだけ近づけます。

laowa03.jpg

また、ヘビなどの種類によっては危険な生物を安全な距離から撮影できます。

laowa04.jpg

Laowa Probe Lensを利用してユニークな映像が記録できます。
例えば誕生日ケーキのろうそくの間をスライドさせれば、他のレンズには真似できない迫力のある映像が撮影できます。

laowa05.jpg

Laowaは肉眼では見えない細かな部分まではっきりと撮影できます。
被写体のディテールと背景を一度に撮影できるので臨場感が増します。

laowa06.jpg

Laowaのレンズは直径2cmとコンパクトなので被写体への光を遮りません。
通常のマクロレンズでは影ができて撮影できなかったアングルでも撮影が可能です。

laowa07.jpg

Laowa Probe Lensは防水・防塵です。
洞穴や川のような過酷な環境でも対応できます。

laowa08.jpg

Laowaのレンズ先端にはライトが搭載されています。
ライトはマイクロUSBで給電できます。

laowa09.jpg

キヤノンEFマウント、ニコンFマウント、ソニーEマウント、Arri PLなど幅広いレンズマウントに対応しています。
また、35mmとスーパー35mm両方のセンサーサイズに対応しています。

laowa10.jpg

Laowaは特殊な形をしていますが、重さは474gと比較的軽量で持ち運びが容易です。
仕様は以下の通りです。

laowa11.jpg

まとめ

茂みや木の穴など、撮影の幅が広げてくれるレンズですね。
動画撮影に使用すれば、まるで自分が小さくなって進んでいるようなリアルで興味深い映像が撮影できそうです。

お値段はLaowa(ラオワ)HK$10,982+送料HK$400で、合計HK$11,382(約161,000円)です。

2018/9/1まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/laowa/revolutionize-macro-videography-laowa-24mm-f-14-pr

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons