普段はキャリーバッグ、階段や電車内はリュックとして使えるバッグ | Cabin X ONE(キャビンXワン)

admin




Cabin X ONE1.jpg

Cabin X ONE(キャビンXワン)は、キャリーバッグ、リュックの両方として使えるバッグです。

使い方

小型スーツケース(キャリーバッグ)であり、同時にリュックでもあるCabin X ONE。

Cabin X ONE2.jpg

スーツケースとして使う時は、ハンドルを出して引っ張って持ちはこべます。荷物が重いときは背負うよりもこのようにして運ぶのが楽です。

Cabin X ONE12.jpg

しかし何らかの理由で背負いたい場合はリュックにすることができます。電車に乗るときやエスカレーターがなく階段を使わないといけない場合などです。

Cabin X ONE13.jpg

両方の使い道ができるのは分かったが、ただ単にだリュックのストラップをつけただけか?というと、そうではありません。ストラップをぶら下げただけだと、スーツケースとして引っ張って持ち運ぶときに、ストラップが何かに引っかかって不便です。

そこでCabin X ONEはストラップ部分をファスナーでぴったり固定できるようになっています。下の写真はストラップを固定して、平べったくした状態です。

Cabin X ONE14.jpg

ストラップについているファスナーを外すことで、ストラップをスーツケースから外せました。

Cabin X ONE31.jpg

先ほどのようにストラップが本体に貼りついておらず、腕を通せるようになっています。

Cabin X ONE16.jpg

あとは背負うだけです。このように簡単にリュックとキャリーバッグモード切り替えられるようになっています。

Cabin X ONE17.jpg

キャリーバッグとして引っ張っていたが、階段に遭遇してしまった・・。しばしばある光景です。

Cabin X ONE18.jpg

そういう場合には背負って持ち運べます。手で持ち上げるより格段に楽です。

Cabin X ONE19.jpg

電車に乗り降りする場面でも背負っている状態ならスムーズに移動できます。

Cabin X ONE32.jpg

ストラップ以外も便利な機能がついています。ノートパソコンやタブレットを持ち運びたい、ということはよくあるでしょう。特に出張などではそうです。

Cabin X ONE26.jpg

Cabin X ONEは専用のポケットがついており、ノートパソコンやタブレットを収納しておくことができます。すぐに取り出せる位置にポケットがついています

Cabin X ONE27.jpg

側面にはペットボトルをさしておくためのポケットがついています。

Cabin X ONE29.jpg

Cabin X ONEのサイズは、飛行機内に手荷物として持ち込める大きさになっています。手荷物の大きさ制限は航空会社によって違いますが、おおむね収まるサイズになっています。預ける場合と違って降りた後にベルトコンベアーで待たずに、すぐに移動できます。

Cabin X ONE30.jpg

内側も工夫されています。蓋に相当する部分がありますが・・

Cabin X ONE20.jpg

蓋の裏側部分もバッグになっていて、取り外せます。

Cabin X ONE21.jpg

このバッグに箱モノを入れて荷物を整理できます。Cabin X ONE自体は床に置くなどし、この部分だけを机に置くと整理するときにやりやすいです。

Cabin X ONE22.jpg

この別バッグの裏側にもさらにポケットがあります。ここにはネクタイを通してしまって置けるようになっています。

Cabin X ONE24.jpg

まとめ

お値段は£79+送料£50で、£129(約19,200円)です。

2018/6/7まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1313257716/cabin-x-one-hybrid-carry-on-trolley-backpack

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


1コメント
  1. 匿名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons