1分間3600回転もして金色の光輪を2重に放つデスクトップトイ | Halospheres(ヘイロースフィアーズ)

admin




Halospheres1.jpg

Halospheres(ヘイロースフィアーズ)は、1分間に3600回転もして、金色の光輪を2重に放つデスクトップトイです。

使い方

こちらがHalospheres(ヘイロースフィアーズ)です。パイプ1本と、ボール2個がくっついた物体のセットです。

これだけ見ると光輪なんてどこから出てくるのか? そもそも3600回転/分なんてとても出せそうにありません。しかしこれを高速回転させると・・・

Halospheres4.jpg

こんな風に金色の輪が2重に現れます!

この回し方がコロンブスの卵というか、アイデアがおもしろいです。高速回転させるといっても電動で打ち出すとか、磁場がかかっているとかじゃないんです。完全に人力です。

Halospheres3.jpg

まず手で持って

Halospheres11.jpg

回転させます。

Halospheres12.jpg

ただこの状態では回転数が低く、しかも上下にぶれていて安定していません。

Halospheres13.jpg

ここで先ほどのパイプを取り出します。最初見た時、このパイプでたたくのかと思いましたが・・・

Halospheres14.jpg

パイプを通して息を吹きかけます!!

Halospheres15.jpg

すると物体に力がかかって回転が速くなり、回転が安定しました。

Halospheres16.jpg

回転が安定すると、きれいに上下二重の輪が見えるようになります。

Halospheres2.gif

しかし回転させているのは同じ大きさのボール2個です。これを回転させても上下に2重の輪は出ないはずです。ここに工夫があります。

Halospheres8.jpg

Halospheresは台座の中心を軸に回転します。

Halospheres18.jpg

その回転に加えて、ボール自体が自転するようになっています。外側の回転に対して、すくい上げるように自転します。この回転の影響で、ボールの片側が浮き上がります。

Halospheres17.jpg

野球のボールに回転がかかると軌道が変化します。これと同じマグヌス効果がHalospheresにも働いて、片側を浮かせています。 画像出典: Wikipedia

Halospheres19.jpg

更にボールのうち一点が、目の方向に強く光を反射します。

Halospheres20.jpg

これらの結果、

・各ボールで1点、両方合わせて合計2点が、
・上と下で、(さきほどの片側が浮く効果)
・高速回転する

ことになり、上下に二つの輪ができてみえます。

よく見ると輪の周囲にもぼやけた何かが見えますが、高速回転しているボールの残像です。光を強く反射していないので目立たなくなっています。

Halospheres7.gif

まとめ

お値段は$32+送料$8で、$40(約4,200円)です。

2018/4/10まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1280684091/halospheres-the-extreme-velocity-desktop-toy

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons