すごい臨場感。乗馬マシンのように乗ってゲームをするバイク型コントローラー | LeanGP(リーンGP)

admin




LeanGP1.jpg

LeanGP(リーンGP)は、バイク型のコントローラーです。人間が乗ってバイクシミュレーターとして使います。

開発元はスペインです。

使い方

ヘルメットをかぶり・・・

LeanGP9.jpg

サーキットでバイクを走らせる。一般道ならともかく、サーキットで走るというのはなかなか手間暇がかかります。

LeanGP11.jpg

そこで自宅でもバイクに乗っている状態をシミュレートしようというのがLeanGP(リーンGP)です。

LeanGP2.jpg

LeanGPはバイクのようにまたがって使います。LeanGPを傾けると・・・

LeanGP12.jpg

画面の中で走っているバイクも進路が右に曲がりました。

LeanGP13.jpg

アクセル用のスロットルレバーも搭載されています。レバーを回すと・・・

LeanGP16.jpg

ゲーム内でもメーターが上がり、アクセルがかかりました。

LeanGP17.jpg

LeanGPはスマホを取り付けて、スマホをメーター表示にすることもできます。

LeanGP8.png

LeanGPは通常のディスプレイでも使えますが、OculusなどのVRゴーグルとともに使うとさらに臨場感が増します。

LeanGP14.jpg

ゴーグルをかけて、体を傾けると実際の画面でもバイクが傾きます。

LeanGP19.jpg

目に映るのはサーキットやバイクだけで自室は見えません。雰囲気は素晴らしそうです。

LeanGP18.jpg

サイズは長さ120cm、重さは40kgもあります。値段はKickstarterキャンペーン価格で、本体が€999(約131,000円)です。

大きさ、重さ、価格、すべてそれなりにあります。しかしそれでも3万ユーロ(約390万円)するような本格的シミュレーターに比べれば、手の届く範囲だと開発元は述べています。

LeanGP6.png

先日あったゲーム体感マシンは、ぎりぎりまで小型化しており、重量も軽いです。その分乗り込む姿勢がかなり窮屈になっていました。

LeanGPはバイクに乗り込んだ態勢を極力再現しようとしています。この分重さもそれなりにあります。

これでVRジェットコースターを体験したら楽しそう。自宅で使える体感マシーン | Yaw VR(ヨーVR)

まとめ

お値段は€999+送料€561で、€1,560(約204,900円)です。

2018/4/9まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/wancher/dream-pen/comments

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons