サイコロのようなものをひっくり返して、サクっとタスク時間管理するグッズ ZEIº(ツァイ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
ZEI1.jpgZEIº(ツァイ)は、タスクの時間管理をするグッズです。サイコロのようなものをひっくり返して使うところが特徴です。
開発元はオーストリアです。

使い方

研究者、クラフトマン、デザイナー、エンジニアなど、時間の使い方を自己管理したほうがいい仕事があります。デスクワーク系全般ですね。
ZEI16.jpg
しかし実際にどうやっているかを聞いてみたところ、Excelに手打ちだったり・・
ZEI17.jpg
手書きだったりした、とのことです。これでは面倒で続かないとか、おおざっぱになりすぎる、という問題があります。
ZEI18.jpg
そこで考案されたのが、このZEIº(ツァイ)です。8面体をしているデバイスです。
ZEI2.jpg
使い方は簡単です。たとえば今メールを書いているとすると、メールの面を上に向けて机に置きます。
ZEI3.jpg
すると何分使ったかということが記録されます。
ZEI3a.jpg
ミーティングの時間になったら、ZEIºの面を変えて置きます。するとミーティングに費やした時間が記録されるという仕組みです。
ZEI4.jpg
この情報はサーバーに記録され、スマホアプリから見ることができます。
ZEI5.jpg
デスクトップアプリからも見ることができます。対応OSはWindows、Mac、iPhone、Android、Linuxの予定です。
ZEI6.jpg
しかし時間を記録するだけならば、スマホアプリだけでもできるのではないか・・。スマートウォッチで記録している人もいるかもしれません。実際、ブラウザだけで記録するツールもあります。
ZEI19.jpg
開発元もそれは承知していて「そういったツールを置き換えるつもりはない」と言います。
ZEI20.jpg
置き換えるのではなく、そういった既存のツールと連携して動作するようになっています。例えばGoogleカレンダーであったり、TodoistやWunderlistのようなタスク管理ツールであったり、JIRAやTrelloのようなプロジェクト管理ツールなどとです。時間管理ツールのTogglもリストに入っています。
またこれらに限定されているわけではなく、今後も増やす予定とのことです。
ZEI21.jpg
ZEIºの面はメールやミーティングなどがあらかじめ決まっているのではなく、自分で好きな文字を書き込むことができます。
ZEI8.jpg
文字を書き換えたくなったらどうするか? 実はホワイトボードのようになっていて、消すことができます。そのあとでまた好きな予定を書き込むことができます。
ZEI9.jpg
あるいはステッカーを貼っても構いません。プリンタで印刷すれば簡単です。
ZEI10.jpg
どの面に何を割り当てるかは、アプリから変えることができます。8面のみなので、同時に割り当てられるタスクも8つです。
ZEI12.jpg
アプリでは、何に時間を使ったかがタイムラインで見ることができます。
ZEI13.jpg
統計を取って、自分の時間の使い方が一目でわかります。
ZEI14.jpg
アプリは無料版と有料版のProがあります。ほかのツールと連携させたり、週間レポートを見るにはPro版が必要です。Pro版は月3ドル、年間に直すと36ドル(約3,700円)です。
ZEI15.jpg
時間管理はブラウザだけでもできることです。ZEIºは言ってみれば「スイッチ」です。スマホアプリやマウスでタスクを切り替える代わりに、さいころのようなものを自分で触って切り替えます。そのほうが手軽ではないだろうか、というところがメリットでしょうか。

まとめ

お値段は€89+送料€10で、€99(約11,400円)です。
2016/10/26まで支援受付中です。

コメント