巨大立体駐車場、車をどこにとめたっけ? 駐車位置を教えてくれる1100円のグッズ Aware(アウェア)

aware1 admin




aware1

Aware(アウェア)は、車の駐車位置をスマホに教えてくれるグッズです。巨大な立体駐車場などで役立ちます。

価格1100円(送料別)という安さが手軽です。

使い方

こちらがAware(アウェア)。手のひらサイズのグッズです。

aware3

これを車のダッシュボードに放り込んでおきます。設置はこれだけです。

aware2

広い立体駐車場だと、自分がどこに止めたかわからくなることがあります。そもそも何階に止めたっけ? なんてことも・・。

Awareを車に入れておけば、スマホアプリが自分の車の位置を教えてくれます。

aware6

さらに、車近くにいるときにスマホのロック画面を解除すると・・

aware4

自動でGoogle Mapsが開きました。自動で開くアプリは指定できます。

aware5

有料の路上駐車場に車を止めた場合、自動検出されて「何分とめるか?」をユーザーに聞いてきます。

ただしこの機能は現状日本では使えません。どの場所が有料か、というデータをAware側で把握する必要があるからです。日本のデータは入っていません。

しかし、ユーザーが有料駐車場の位置を投稿できる機能をスマホアプリに追加する予定とのことです。これが実現すれば日本でも使えますね。

aware7

パーキングメーターの時間切れになる前に、スマホに通知してくれる機能もあります。

aware8

急いで戻れば違反切符を貼られずに済みます。

この機能は自分で残り時間を入力すれば、日本でも使えます。というより、単なるキッチンタイマーと変わらないので、スマホアプリだけでできますが・・。

aware9

アプリの対応OSは、iOSとAndroidです。

まとめ

車を賢く(スマート)するグッズ、というのが開発者の主張ですが、スマートというほどでもないような・・。ただ値段が安いためか、1300人からお金が集まっています。

お値段は$9+送料$3で、$12(約1,490円)です。

2015/8/28まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/awarestack/awarecar-make-any-car-smarter-for-9

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons