車椅子にサスペンションをつけて、道路以外も散歩できるようにする Loopwheels(ループホイールズ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Loopwheels1
Loopwheels(ループホイールズ)は、車椅子のタイヤにつけて使うサスペンション(バネ)です。
自転車もそうですが、普通のタイヤは舗装されてないところだとものすごく揺れて、転倒しやすいです。
そこでサスペンションをつけて、土むきだしの地面でも車いすで散歩できるようにしようというのがこれです。

使い方

舗装されていない道道や、芝生、砂利道など悪条件の道でもこのサスペンションがあれば快適に車椅子を操作することができます。開発者はイギリスの人です。
2
でこぼこ道や芝生など、平らでない道で車椅子を動かすには、多くの労力が必要です。
またそういった道では車椅子が振動するため、乗り心地が悪く、ストレスを感じたり、体に痛みを感じたりするという問題もありました。
3
Loopwheelsを車椅子に取り付ければ、段差があっても力が効率よく伝わります。
それにより、登り坂や段差のある地面を少ない力で移動できるようになります。
車椅子に乗る人はもちろん、介助する人にとっても負担が少なくなります。
4
スプリングがタイヤの振動や衝撃を吸収してくれるので、快適に車椅子に乗ることができます。
悪条件の道路でも乗り心地がよく、ストレスなく動かすことができます。
5
Loopwheelsは持っている車椅子のタイヤに簡単に取り付けることができます。
24インチと25インチのどちらかを選ぶことができます。
6
耐久性に優れているので、メンテナンスはほとんどいりません。
保証期間は2年間で、耐荷重は120kgです。
7
コンディションの悪い道でも、これがあれば少ないストレスで移動ができそうですね。

まとめ

お値段は£620+送料£50で、£670(約120,000円)です。
2015/4/7まで注文受付中です。

コメント