中世の投石機が卓上アクセサリーに。小型ながら射程は10mも… | Pennypult(ペニーパルト)

Pennypult 1 admin




Pennypult 1

Pennypult(ペニーパルト)は、中世の投石機の卓上モデルです。

物を遠くに飛ばせます。だからどうしたという感じですが、息抜きにいいんじゃないでしょうか(笑)

使い方

投石機の端を留めている紐を外すと・・・

Pennypult20

ぐるっと半回転。

Pennypult21

ここで約一回転しました。わかりにくいのですが、下側のスプーン部分がおもりで、左側の分銅みたいな部分に飛ばしたい物を入れます。

Pennypult22

そしてスプーンの手元の部分が勢いよく回転して物体を飛ばします。単なるスプーン型になっているのではなくて、折りたたみ式のスプーンとでもいうべき形になっています。

取っ手の部分が長いほど、てこの原理で威力が上がります。しかし発射前は折り曲げた状態になっているのでコンパクトです。

Pennypult23

このユニークな投球作用で、10mまで飛ばすことができます。

Pennypult 9

開発者によると、インターハイならぬ「インターオフィス戦闘」に最適とのことです。なぜか満面の笑みで語っています! すごくうれしそう・・。

Pennypult 11

並べると無駄に壮観です。

Pennypult 2

キットには、レーザーカッターで切った木片が入ってきます。

Pennypult 3

重し用に、ペニー(1セント銅貨)を16個用意します。

Pennypult 4

精密レーザー切断片をはめ合わせるだけで、組み立てられます。

Pennypult 5

その他の部分は真鍮、銅、ゴム、アクリル製で、本物感が味わえます。

Pennypult 6

伝統的な投石機と異なり、平衡錘が投げアームの上方に位置しています。

Pennypult 7

投石機の高さは、22.86cmです。
5つまとめて購入すると、会社のロゴを入れられます。

Pennypult 10

ペニー硬貨の代わりに、直径20.5mm以下の他のコインを使うこともできます。ユーロなら2セントコイン13個、英ペニーなら11個か12個がこれに相当します。

ユニークなインテリアになりそうですね。

まとめ

値段は$30(約3,600円)+送料です。

2015/9/4に必要資金が集まりました。
https://www.kickstarter.com/projects/apptivus/pennypult-ultimate-office-toy-and-model-trebuchet

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons