スマホに台座としてつけるだけ。被写体を自動追跡して撮影するマウント OBSBOT Me

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは動画の自撮りで自分の姿がちゃんとカメラに映っているか心配になったことはないでしょうか。
一人で確認しながら撮影すると動きが制限されて不便ですし、後から撮影失敗に気が付いた場合は撮り直しが大変ですよね。

そんな悩みを解決できるのが、OBSBOT Me(オブズボット・ミー)です。
OBSBOT Meは設定した人物が常にビデオフレームの中央に入るようにカメラの向きを自動調整できるスマートフォンマウントです。

使い方

普段使用しているスマートフォンを装着するだけですぐに使えます。

OBSBOT Meのセンサーカメラに人物が映っている状態で片手を上げるか、本体のボタンを押せば、その人が被写体として認識して追跡を開始します。

撮影に関する手間や時間が削減できるので、コンテンツを作ることだけに集中できます。

OBSBOT Meには追跡に必要な機能がすべて内臓されているので、スマートフォンにアプリを入れたりBluetooth接続する必要がありません。
スマートフォン側では好きなアプリを起動して自由な設定で撮影できます。

カメラの前で自由に動けるので、ダンス教室などのストリーミング配信に最適です。

200gと軽量かつ、コンパクトに折り畳めるのでどこへでも持ち運べます。
日常生活をコンテンツにするビデオブログなどに役立ちます。

追跡できる角度は120°です。
追跡中に別の人がすれ違っても、追跡する人物がすり替わってしまう心配はありません。

ホルダー部分やアームの可動域が広いので、アングルは自由に設定できます。

1/4インチの三脚ネジに固定できるので、一般的な三脚を使って高さを調節できます。

950mAhのバッテリーを搭載していて、フル充電で約2時間稼働します。
仕様は以下の通りです。

まとめ

自撮り棒とは違って、離れた場所から全身を撮影できるので幅広い用途に活用できそうです。
自動追跡してくれるので、必ず顔が映っていないと困るビデオ会議などにも便利ですね。

お値段はOBSBOT Me(オブズボット・ミー)HK$770+送料HK$155で、合計HK$925(約13,000円)です。
2021/6/2まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/obsbot-me/obsbot-me-ai-powered-selfie-phone-mount

コメント