火加減って難しい…そこで自動で温度を測って料理指南してくれるグッズ Cooksy

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cooksyは自動で温度を測って料理指南してくれるグッズです。

温度をモニタリングをしながら次の工程をデジタル端末に文字と映像で表示してくれるので、どんな料理もスムーズに進めることができます。

使い方

火加減と加熱時間は料理において非常に大切なポイントですが、レシピでは意外と「弱火でコトコト長めに煮る」など、曖昧な表現がされていることが多いですよね。

弱火って何度?コトコト長めってどれくらい?と悩んだことのある人もいるのではないでしょうか。

Cooksyは、カメラで調理状況をモニタリングし、“何度で” “あと何分何秒”熱を加えればいいのかを的確に教えてくれるので、火の調整などに悩むことなく文字通り“レシピどおり”の料理を作ることができるようになります。

Cooksyはフライパン全体の温度を感知し、スマホやタブレットなどのデジタル端末に数字とサーモグラフィーで温度を映し出してくれます。

さらに、カメラで現在の調理段階を正確に捉え、次にどの材料を入れ、どう調理すればいいのか、映像で分かりやすく教えてくれます。

調理をしながら、スマホで調べなおして…という手間が省け、慌てることなく調理を進めることができます。

火加減が強すぎたり、弱すぎたりしたら火力を調節するようお知らせしてくれます。

火を入れすぎて食材が硬くなったり、逆に生焼けのままになってしまったりする心配がなくなり、完璧な火加減を保つことができます。

Cooksyのカメラを使って、自分の料理過程を撮影することも可能です。

Cooksyは自動で動画を短く圧縮してくれるので、そのまま家族や友達、Cooksyコミュニティーのフレンドに自分が作った料理をシェアすることができます。

Cooksyの背面にはマグネットになっているので、キッチンの天井に鉄板がある場合はそこにそのまま貼り付けるだけで設置完了です。

設置後に専用アプリを起動して、端末とCooksyを連動させればすぐに使用を開始することができます。

カラーは ブラック / シルバー / ブロンズ の3色が用意されています。

サイズは約10cm×10cm×3cmと小型です。

充電式で、USBタイプCケーブルで充電することができます。

まとめ

これがあれば、料理初心者も、もっと料理を上達させたい人も、様々な料理を完璧に作れそうですね。

お値段はUS$389+送料US$30で、合計US$419(約45,573円)です。

2021/6/10まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/cooksy-cook-delicious-food-every-time#/

コメント