カフェで仕事すると眩しくて画面が見えない…。そこでノートPC専用に作られたサンシェード SunShader

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SunShaderは、ノートPC用サンシェードです。
ノートPCを直射日光から守ることで、ノートPCの発熱をおさえ、画面も見やすくなります。

使い方

いま、リモートワークは“新しい日常”になりつつあります。
せっかくなら、部屋にこもりきりではなく、天気のいい日には外に出て作業をしたいと思うこともありますが、眩しい日差しのなかでPC作業をするのは快適とは言えません。
外が明るすぎるため画面が見づらくなり、さらに直射日光を浴びることでノートPCがすぐに熱を持ってしまいます。
そこで、この問題を解決し、本当の意味で“どこでも”働けるようにするために、SunShaderが生まれました。


SunShaderは、本体に付いているクリップで画面に固定して使用します。



クリップには柔軟性があるので、厚さ1.4mm~8.6mmまで、さまざまな厚みの画面に対応することができます。


SunShader使用前、使用中の画面の見やすさの違いは、一目瞭然です。SunShaderがあるほうが、画面がはっきりと見えます。
フロントカメラには干渉しないよう設計されているので、SunShaderを取り付けたままビデオ会議をすることも可能です。


カフェや空港などの公共の場で仕事をする際に気になるのが、周りの視線です。
SunShaderがあれば周りの人から画面が見にくくなるので、プライバシーも守ることができます。


折り畳むと非常に薄くなるので、バッグにノートPCと一緒に入れて、どこにでも持ち運ぶことができます。

サイズは、ミディアムとラージの2サイズが用意されています。
ミディアムは12~14インチ、ラージは15~17インチのノートPCに対応しています。

まとめ

これがあれば、屋外や窓際でのPC作業も快適になりそうですね。
お値段は、ミディアムがUS$46(約4,972円)、ラージUS$54(約5,837円)がで、現状日本への発送は行っていません。
2021/5/8まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/sunshader-work-from-anywhere#/

コメント