「この人誰だっけ」を顔認識で解消する、新手のウェアラブルカメラ | OrCam MyMe(オーカムマイミー)

admin

OrCam1.jpg

OrCam MyMe(オーカムマイミー)は、ウェアラブルカメラです。ただし動画は保存しません。

顔認識で「この人誰だっけ」を解消するためのグッズです。

使い方

人と会ったときに顔は覚えてるんだけど名前が思い出せない…みなさんはそんな経験はないでしょうか。例えば次のような状況です。

「ピーターだよな?」

OrCam14.jpg

「・・・・」

残念ながら違ったようです。

OrCam15.jpg

そんな悩みを解決しようというのが、このOrCam MyMe(オーカムマイミー)です。

OrCam8.jpg

OrCam MyMe(オーカムマイミー)は胸に取り付けて使うカメラです。ウェアラブルカメラの一種です。

OrCam12.jpg

ウェアラブルカメラ自体はすでにたくさんあります。OrCam MyMeが違うのは、動画を撮るのではなくAIで顔認識をすることが目的という点です。

AIを生活に普及させたい、と創業者でイスラエルのヘブライ大学で教授をしているShashua先生は言っています。

OrCam10.jpg

AIで顔認識と言うが、具体的に何がうれしいのか? 次のような場合に役立ちます。

OrCam MyMeを胸に着けて、人と会っています。もし相手の名前が思い出せなくても構いません。

OrCam16.jpg

スマートウォッチをちらっと見ました。するとApple Watchの画面上に今あっている人の名前が自動で表示されます。プッシュ通知を使っているので、自分で操作する必要がありません。

OrCam17.jpg

あぁそうそう、ロン・ミラーさんね。覚えてますよ。

OrCam18.jpg

名前が分かったので、「ロン、お久しぶりです」といった感じでスムーズに挨拶できます。

OrCam19.jpg

相手もちゃんと名前を覚えていてもらたことが分かり、笑顔で応じてくれました。

OrCam20.jpg

OrCam MyMeは自分があった相手を自動認識します。合う相手を仕事の相手、家族、友達と分類しておくと、どういうカテゴリーの人にどれだけあっているかを教えてくれます。

OrCam24.jpg

例えば、そうやってOrCam MyMeで分析していると、仕事相手と会う時間が生活のほとんどを占めていることがわかりました。

OrCam26.jpg

これはちょっと仕事人間すぎる。そう思って家族や友達と会う時間を増やそうと、目標を設定しました。

OrCam27.jpg

その結果自分の意識が改善され、家族や友達と過ごす時間を増やすことができる。そんな使い方ができます。もちろんOrCam MyMeは分析してくれるだけなので、実際に行動するのは自分です。

OrCam28.jpg

グラフに出して仕事相手と会っている時間と友達を比べることもできます。

OrCam25.jpg

また顔認識だけでなく、名刺の読み取り機能も付いています。

OrCam22.jpg

胸に着けているOrCam MyMeで名刺を読み取ってデータベースに登録できました。ただこれはスマートフォンだけでも済むことなので、OrCam MyMeに特有というわけではありません。

OrCam23.jpg

OrCam MyMeは一回の充電で一日中持ちます。頻繁に充電しなくても使えるようになっています。

OrCam11.jpg

顔認識してくれるのはいいが、プライバシーはどうなのか? 自分がだれと会っているかという情報が漏れると困ることも、いろいろとあります。たとえば営業先を訪問している情報がライバル企業に漏れたら、たまったものではありません。

OrCam MyMeはデータをクラウドに送りません。またカメラがとらえた動画や静止画は保存していません。録音はそもそもしていません。スマートフォンに顔認識の結果を送っているだけです。

OrCam6.jpg

ただ会った相手から見ると、OrCam MyMeは動画カメラであるかのように見えます。実際にはカメラと違って動画は保存しませんが、あたかもそのように見えます。

すると自分が録画されているかのように見えて、いやだという人もいるかもしれません。この点が難点でしょうか。

OrCam7.jpg

また認識できる相手は、自分が登録した人だけです。OrCamのデータベースを使って世界中の人を検知するといったことは、できません。これができると便利ですが、いろいろと問題があるでしょう。

OrCamへの登録はSNSで自分の連絡先から取得する、電話帳の連絡先から取得する。手動で写真を認識させる。という方法が使えます。

 

ウェアラブルカメラにしろ顔認識にしろ既にある技術ですが、使い方がおもしろいと思います。他にもいろいろな使い道がありそうです。

相手の表情を分析できると面白いですが、そこまでいくとプライバシーの侵害でしょうか。人間が表情を判断するのと違って、いつまでも記録に残りますからね。

まとめ

お値段は$199+送料$20で、$219(約23,700円)です。

2019/1/12まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1070992105/orcam-myme1st-of-its-kind-wearable-ai-2nd-brain-3r

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons