コインサイズのリモートデバイスコントローラー。PC、スマホを離れて操作 ProLab Mouse(プロラボマウス)

admin




prolab01.jpg

皆さんはノートパソコンのマウスやリモートシャッターなど、目的ごとに細々したガジェットを持ち運ぶのが面倒になったことはないでしょうか。

一日のうちで少ししか使わない物をずっと持ち運ぶのは疲れますし、効率も悪いですよね。
今回紹介するProLab Mouse(プロラボマウス)なら、これひとつでパソコンやスマートフォンなどを遠隔操作できるので、たくさんのガジェットを持ち運ぶ必要がなくなります。

使い方

ProLab Mouseはコインサイズのデバイスコントローラーです。

prolab02.jpg

3つのモードを切り替えられるので、少ないボタンで様々な操作が可能です。
モードの切り替えはサイドボタンで行います。

prolab03.jpg

エアマウスモードでは、ProLab Mouseがパソコンのマウスとして機能します。
左右のクリック、スクロール、テキストのハイライト表示などの操作が可能です。

prolab04.jpg

テーブルなどに接していなくても動作するので、外出先や移動中などのスペースが限られている環境でも作業できます。

prolab05.jpg

メディアモードでは音楽やビデオ等の音量や再生・一時停止などを操作できます。

prolab06.jpg

キーボードモードではパソコンの矢印キーやエンターキーと同じ操作が行えます。
椅子にもたれてリラックスした体勢で写真やドキュメントを閲覧したいときに最適です。

prolab07.jpg

3つのモードを組み合わせることで様々な用途に活用できます。
例えばプレゼンテーションに必要なドキュメントの切り替えや、ビデオ再生、音量調整などの操作がProLab Mouse1台で完結します。

prolab08.jpg

スクロールやフォーカス、シャッターボタンの操作が可能なので、スマートフォンでの自撮りにも最適です。

prolab09.jpg

選択中のモードやバッテリーの状態によって中央部分のライトの色が変化します。
どのモードが選択されているかわからなくなって混乱する心配がありません。

prolab10

ProLab Mouseは手の中に収まるコインサイズかつ、8グラムと軽量なのでどこへでも持ち運べます。
デバイスとの距離は10メートル以内なら動作します。

prolab11.jpg

充電はUSB-Cで行います。
バッテリーは最大15時間程度稼働します。

prolab12.jpg

本体が非常に小さいのでどこへ持ち運ぶにも荷物にならないので便利です。
サイズは小さいですが、色で状態を表示するなど、使いにくくならないよう工夫されている点が良いですね。

まとめ

お値段はProLab Mouse(プロラボマウス)1台でHK$299(約4,200円)です。
送料は期限終了後に別途徴収となります。

2021/4/6まで支援受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/1246839831/prolab-mouse-the-all-in-one-control-hub-for-smart-devices

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons