ちゃんとピンが跳ねる。アプリで自由に曲を入力できるオルゴール Muro Box

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pic1
Muro Boxは、アプリ操作で様々な音楽を流すことができるオルゴールです。
お気に入りの曲を本物のオルゴールで聴くことができるほか、自分で作曲したメロディーを流すことも可能です。

使い方

これまでのオルゴールは、決まった曲を1曲だけ流すことしかできませんでした。
Muro Boxは、スマホと接続して好きな曲を選ぶだけで様々な曲を流すことができます。
Muro Boxは電動ですが、スピーカーから音を鳴らしているわけではありません。ちゃんとドラムが回転し、本物のピンが弾かれて、オルゴール独特の堅い金属音が鳴ります。本物のオルゴールなんです。
pic2
Muro Boxは、専用アプリを使って自分でメロディーを作ることができます。
作り方も非常にシンプルで、音階を選んでタップしていくだけなので専門的な知識も一切不要です。
できあがったら再生ボタンを押せば、作ったメロディーを本物のオルゴールで流すことができます。
一度作ったメロディーはクラウドのライブラリに保存することができるので、あとから聴いたり、メロディーを付け足したりと、いつまでも楽しむことができます。
pic3
アプリでは、好きな音楽をアラームとして使うこともできます。
お気に入りの曲で目覚めれば、気分良く一日を過ごせそうですね。
pic4
Muro Box は、世界でも最大規模のオルゴール曲共有サイトMusic Box Maniacsと提携しています。
Music Box Maniacsには、現在3,000曲以上もの曲がアップされています。
Muro Boxのクラウドライブラリはなんと容量無制限なので、容量を気にせず好きな曲をどんどんダウンロードできますよ。
pic5
Muro Boxで鳴らすことのできる音はド(C3)から2オクターブ上のラ(A5)までの20音で、シャープやフラットは含みません。
テンポは最大4拍/秒(120 BPM)で、和音は同時に7音階まで鳴らすことができます。
pic6
アプリだけでなく、その他の音楽編集ソフトを使って作った曲ももちろん流すことができます。
自分のオリジナル曲をオルゴールで聴いてみるのも面白いかもしれません。
pic7
Muro Boxには誰もが知っている有名クラシック音楽が27曲、Muro Boxオリジナルメロディーが3曲の計30曲が内蔵されています。
これらの曲はアプリに接続する必要がなく、本体のつまみを回すだけで流すことができますよ。
pic8
カラーはライト、ダークの二色が用意されています。
pic9
ボディーの彫刻デザインも複数用意されており、US$30(約3,200円)追加で好きなデザインを一つ選んで彫刻してもらうことが可能です。
pic10

まとめ

自宅で楽しむのはもちろん、ギフトとしても喜んでもらえそうですね。
お値段はUS$330(約35,514円)で、送料は無料です。
2020/6/18まで支援受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/muro-box-the-first-app-controlled-music-box–2#/

コメント