床が平らで快適に寝られるハンモックテント。木の上なので地面の濡れもへっちゃら AERIAL A-1 (エアリアル・エーワン)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pic1.jpg
AERIAL A-1 (エアリアル・エーワン)は、床が平らなハンモックテントです。
ハンモックでありながら、屋根がついているテストでもあるので、これで一晩過ごせます。

使い方

従来のハンモックテントには、床が湾曲してしまい、寝づらくなってしまうものもありました。ハンモックという性質上、どうしても床にくるまって寝る、という形態になります。
しかしこのAERIAL A-1 (エアリアル・エーワン)ならば、床が平らなうえに安定しているので、とても寝やすいのです。
Pic2.jpg
使い方は、通常のハンモックテントと変わりありません。幹の太さが12cm以上の木が2本あれば、間に張ることができます。
Pic3.jpg
テントを支えるバンドは、木の周りを1周するように巻き付けます。そして、そこにテントをバックルでつなぎます。
Pic4.jpg
天井は、1本のポールで支えられています。そのため、そのポールを張れば、天井を作ることができます。
Pic5.jpg
快適に過ごすことができます。高さは90cmあるので、男性が体を起こしても、天井にぶつかることはありません。
Pic6.jpg
床は、縦203cm、横69cmなので、男性でも余裕で寝ることができます。重さも200kgまで大丈夫です。
Pic7.jpg
寝返りを打つこともできるので、とても寝やすいです。
Pic8.jpg
では仕組みです。普通のハンモックテントは、支えるポイントが2つしかないため、回転してしまいます。
Pic9.png
ですが、このハンモックテントは、テントを支えるバンドを木の周りを1周するように巻き付けることで、支えるポイントを4つにしています。そのため、床が平らになり、そのうえ安定して吊るすことができるのです。
Pic10.png

まとめ

お値段はCA$419+送料CA$39で、CA$458 (約34,700円)です。
2020/6/1まで支援受付中です。

コメント